ホイッスラー(Whistler)の代表作品・経歴・解説

Whistler1.jpg

白のシンフォニー第1番-白の少女

(1862年) 油彩・カンヴァス 214.6 × 108cm ナショナルギャラリー/ワシントン

ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler)
1834年7月10日生-1903年7月17日没
アメリカ / 耽美主義
  • 自らの美を追求した孤高のアメリカ画家
  • 位置づけ:初期はギュスターヴ・クールベの影響を多い受け写実的な画風を描いていたが、やがてマネやドガら印象派の画家と親しくなり、日本美術にも大きく感化され、印象主義的な作品も描きます。さらに後期になると象徴的な作風となり具象表現から離れていき、今日では抽象絵画のはしりともいわれています。
  • 作風:作風は激しく変化していきますが、補色や色彩対比の効果を追い求めていた当時の他の画家とは一線を画した、繊細でモノトーンに近い色彩は表現は独特のものでした。また、作品のタイトルに「ノクターン」等の音楽用語を利用するなど、抽象的なタイトルをつけていることも特徴的です。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Whistler2.jpg

灰色と黒のアレンジメント-母の肖像
(1871年)

Whistler3.jpg

青と金のノクターン-オールド・バターシー・ブリッジ
(1872-75年)

Whistler6.jpg

黒と金色のノクターン-落下する花火
(1875年)

Whistler4.jpg

白のシンフォニーNo.3
(1867年)

Whistler5.jpg

陶磁の国の姫君
(1862-63年)


スポンサード リンク