サージェント(ジョン・シンガー・サージェント/ Sargent)の代表作品・経歴・解説

Sargent1.jpg

マダムX(ゴートロー夫人)

(1884年) 油彩・カンヴァス 234.95 × 109.86cm メトロポリタン美術館/アメリカ

ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent)
1856年1月12日生 - 1925年4月14日没
アメリカ / リアリズム(後期は印象派的)
  • 最後の肖像画家、サージェント
  • 位置づけ:「最後の肖像画家」といわれているサージェント。印象派やフォービスム、キュビスムが台頭した美術革命の中で、伝統的な古典技法によって多数の肖像画を描いています。顕著な技術力を持ちアラプリマ技法による軽やかな筆使いが得意であった彼は、「絵が軽薄すぎる、精神性がない」と批判も受けますが、今日では「国際的に活躍した肖像画家」のひとりとして輝かしく歴史に刻み込まれています。およそ900点の油彩画と2000点の水彩画、そして膨大な数のスケッチやドローイングを残しています。
  • 生涯:イタリアのフィレンツェで生まれ、18歳の時にパリのカルロス・デュランに師事します。彼はベラスケスヴァン・ダイクら伝統的な技法を重んじており、その影響をサージェント自身も強く受けました。高い技術力で優美な肖像画を描く画風は好評を博し、早くから人気画家の仲間入りを果たします。パリのサロンで発表した「マダムX」が大スキャンダルを起こし、住まいをロンドンに移す、というドタバタもありましたが、着実に肖像画家の地位を築き、また、肖像画とは別に伝統的な技法の中に独自のリアリズムの追求していきます。アメリカで壁画の制作を行い祖国に貢献すると共に、晩年は肖像画の制作を断り、印象派風の素晴らしい水彩風景画を残しています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【マダムX(ゴートロー夫人)】

    マダムXことゴートロー夫人は、当時の社交界の花と讃えられていた美しい女性。V字カットの露出度の高い衣装である上に、発表当初は片方のストラップが肩から落ちているように描いたため、「人妻を描いているのに官能的過ぎる!」として大スキャンダルとなります。ストラップを肩の位置に描きなおすも、モデルに受け取りを拒否され、晩年まで画家の手元にありました。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Sargent2.jpg

カーネーション、リリー、リリー、ローズ
(1885-86年)

Sargent3.jpg

エドワード・D・ボイトの娘たち
(1882年)

Sargent4.jpg

レディー・アグニュー
(1892年)

Sargent5.jpg

エル・ハレオ
(1882年)

Sargent6.jpg

森の側で絵を描くモネ
(1885年)

Sargent7.jpg

ヘンリーホワイト夫人
(1883年)

Sargent8.jpg

カルロス・デュランの肖像
(1879年)

Sargent9.jpg

ゴンドラの船頭の昼寝
(1904年)

Sargent11.jpg

泥まみれのアリゲーター
(1917年)

Sargent10.jpg

エセル・スマイスの肖像
ドローイング
(1901年)


スポンサード リンク