ホッパー(エドワード・ホッパー/Edward Hopper)の代表作品・経歴・解説

エドワード・ホッパー(Edward Hopper)
1882年7月22日生 -1967年5月15日没
アメリカ / 20世紀具象絵画
  • 都会の人々を見つめ続けた画、アメリカ現代美術の先駆者、ホッパー
  • 経歴:現在では20世紀アメリカの具象画家を代表する最も有名な画家のひとりに数えられるホッパー。油彩作品が取り上げられることが多いですが、生前は水彩画家のイメージの強い作家さんだったようです。美術学校で絵を習い、満を持して油彩画の個展を行うも1点も売れず、水彩画と商業画家としてを生計を立てていました。水彩画家として成功を収めると、50歳くらいから油彩を再開します。
  • 作風:「都会の孤独」、彼の油彩作品を形容する言葉として最も使われ、アメリカの風景画家と位置づけられていますが、画家自身は「私的な感情表現」として制作をしていました。モチーフとしては海や建物、仕事場、モーテル、ガソリンスタンド、ホテルなどで屋内、屋外さまざまです。彼は「光」を描くことを常に考えていました。形態は簡略化して描かれ、光の効果を演出するためにコントラストを上げて、純色を用いました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【夜更かしの人々(ナイトホークス)】

    暗い夜の町に煌々と明かりを灯すダイナーに描かれた4人の人物。路地は静まり返って人の気配を感じません。ダイナーにいる4人、表情は伺いしることは難しいですが、騒がしい感じというよりはむしろ淡々と配されているという感じです。男女の後ろのガラス面はもっと明るいはずなのですが、暗く調子を抑えることでより一層ダイナーの明かりが協調されています。この作品の構図は映画のカットや写真などにも大きな影響を与えました。ちなみに紅一点の女性(サンドイッチを食べているようです)はホッパーの奥さんがモデル。

スポンサード リンク