ゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ/Vincent van Gogh)の代表作品・経歴・解説

gogh1.jpg

夜のカフェテラス

(1888年) 油彩・カンヴァス 80.7×65.3cm クレラー=ミュラー美術館/オランダ

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)
1853年3月30日生 - 1890年7月29日没
オランダ / ポスト印象派
  • ポスト印象派の巨匠、情熱的な色彩で魅せる画家、ゴッホ
  • 位置づけ:世界中で最も有名な画家ともいえるかもしれない、ゴッホは、今でこそ大巨匠であり「勝利者」ともいえますが、その道のりは茨の道であり、「生前売れた絵は1点のみ」とも言われています(これは本当かどうかはわかりませんが。)
  • 生涯:ゴッホが絵描きを目指したのは27歳位といわれ、それまではたびたび職を変えながら生活していました。両親の元に居候しながら始めた絵の勉強でしたが、度重なる失恋、父の急逝などで、故郷をあとにし、パリへ向かいます。パリではロートレックやスーラと親交を結びます。その後南アルルに移ると、尊敬してやまなかったゴーギャンと共同宿舎での生活を始めます。しかし、冷静なゴーギャンと情熱的なゴッホの真逆ともいえる性格は、日を追うごとに軋轢を増し、約2ヶ月で共同生活は幕を閉じます。その際ゴッホは自らの耳を切ってしまいます。それからは発作がひどくなったり精神が不安定ともあって精神科に通いながら絵を描き、最後は拳銃自殺(他殺説もあり)で37年という人生を終えました
  • 理論:観たものを描く、というスタイルにこだわっていました。写生を基本としており、現場で見て感じた色を、じつに計画的にキャンバスにのせていきました。ゴーギャンのすすめで、「黄色」を多用する作品が多いのも特徴といえるでしょう。また、当時流行っていたジャポニスム(日本趣味)、浮世絵に強い関心を持っていたことも有名です。
  • 代表作品・作品解説
  • 【夜のカフェテラス】

    アルルの広場にあるカフェテラスの様子を描いた一枚。室内光に照らされた黄色の鮮やかさに目を奪われます。夜空や影部分は黄色と補色関係の青を使い、より黄色の存在を強めています。ゴッホいわく「青と紫と緑による、黒色なしの美しい夜景」。モデルとなったカフェは「カフェ・バン・ゴッホ」という名で現存しています。
  • 【ひまわり】

    南アルルの美しい太陽のきらめきを思わせるような「ひまわり」。生涯に20点ほどひまわりを描いたゴッホにとって彼の代名詞ともいえるモチーフでもあります。もともとは、ゴーギャンと共同生活を送る際に、彼を歓迎するために描いたものでした。また、ひまわりは12本や14本で花瓶に挿されている姿で描かれることが多いですが、これは、当時ゴッホは芸術家を集めたユートピア(共同アトリエ)の建設を目指しており、そのアトリエに集まる芸術家達を12人の使徒に見立てていたと言われています(14本は、使徒+ゴーギャンと画商である弟のテオ)
ゴッホの画集、関連書籍、グッズ紹介

★管理人おすすめ★

西洋絵画の巨匠 (2) ゴッホ

関連検索

  • ゴッホの所属カテゴリー

    Top > 印象派・ポスト印象派 > ゴッホ

    Top > 画家名 > ゴッホ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    gogh2.jpg

    ひまわり
    (1888年)

    gogh3.jpg

    ジャガイモを食べる人々
    (1885年)

    gogh4.jpg

    タンギー爺さん
    (1887年)

    gogh5.jpg

    星月夜
    (1889年)

    gogh6.jpg

    ローヌ川の星月夜
    (1888年)

    gogh7.jpg

    アルルのゴッホの寝室
    (1889年)

    gogh7_20110821200243.jpg

    麦わら帽子の自画像
    (1887年)

    gogh8.jpg

    耳に包帯をした自画像
    (1889年)

    gogh9.jpg

    1足の古い靴
    (1886年)


    スポンサード リンク