スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の代表作品・経歴・解説

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)
1881年10月25日生 1973年4月8日没
スペイン / 20世紀美術・キュビスム
  • スタイルを変え続けた美術界の冒険者
  • 位置づけ:20世紀を代表する画家として、広くその名を轟かせているピカソは、その絵画のスタイルをめまぐるしく変化させ、新しい表現の形を産み出し続けてきた、好奇心旺盛な美の冒険者といえるでしょう。生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されています。
  • 表現:画面を深い青色で描く叙情的表現の「青の時代」、明るい色彩を用いた「ばら色の時代」、セザンヌから影響を濃く受けた「キュビスムの時代」、彫像のような重量感を持った母子像等が制作された「新古典主義の時代」など、カテゴライスするのが困難なほど、様々な作風で描いています。「画家にとって最悪の敵はスタイル」という言葉残しているピカソは、スタイルを大きく変化させるときに、たいていは愛する女性の変化も関わっていたといわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【アヴィニョンの娘たち】

    娼窟を描いた本作は、娼婦宿のあるスペインのアヴィニョー通りからタイトルがつけられました。セザンヌの影響により、物事をいったん解体し、複数の視点から再構成し直すという、明暗法や遠近法といった絵画における約束事・常識を覆した本作は、現在では、キュビスム、ひいては現代美術の出発点と最重要視されていますが、発表当初は「ピカソは狂っている!」といわれてしまいました。

関連検索

  • ピカソの所属カテゴリー

    Top > ピカソとマティス周辺 > ピカソ

    Top > 画家名 > ピカソ


  • スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。