スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

スーチン(スーティン、Soutine)の代表作品・経歴・解説

Soutine1.jpg

ケーキ職人(赤いハンカチを持つケーキ職人)

(1922-23年) 油彩・カンヴァス 73×54cm オランジュリー美術館/パリ

シャイム・スーティン(Chaim Soutine)(シャイム・スーティン/ハイム・スーチン )
1893年1月13日生 - 1943年8月9日没
ベラルーシ出身・パリ / エコール・ド・パリ
  • 強烈な個性でエコール・ド・パリを超えた画家、スーチン
  • 作風:風景、静物、人物画などを描いていますが、どの作品にも共通しているのが、歪められた形態、激しいデフォルメ、荒々しく大胆なタッチ、幾重にも塗りこまれた大胆な色彩などの表現主義的な作風です。
  • 半生:貧困であった彼を、親交の深かったモディリアーニや、画商ズボロフスキーが援助し作品制作を続けていました。転機は1923年アメリカの大コレクターに作品が認められたことで、これによりアメリカを始めフランスでも一気に知名度があがり、一躍巨匠の仲間入りを果たしました。モディリアーニのほかに藤田嗣治やパスキンらとも親交がありました。

関連検索

  • スーチンの所属カテゴリー

    Top > Top > エコール・ド・パリ > スーチン

    Top > 画家名 > スーチン

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Soutine3.jpg

    牛の死体
    (1925年)

    Soutine2.jpg

    ケーキ職人
    (1919年)

    Soutine4.jpg

    カーニュの風景
    (1923-24年)

    Soutine5.jpg

    昼寝
    (1934年)

    Soutine6.jpg

    モイズ・キスリングの肖像
    (1930年)

    Soutine8.jpg



    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。