スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

シャガール(Chagall)の代表作品・経歴・解説

マルク・シャガール(Marc Chagall)
1887年7月7日生 - 1985年3月28日没
ロシア出身・フランス / エコール・ド・パリ
  • 「幻想」というリアリズムへの探求者、シャガール
  • 波乱な時代:シャガールの生きた時代は、まさに激動の時代でした。第二次世界大戦が勃発したヨーロッパではユダヤ人迫害の危機が迫り、画家自身も亡命を余儀なくされたり、芸術の分野においてもキュビズムが生まれ新しい絵画の幕開けと試みが繰り広げられていました。
  • 作風:激動の時代を生きる人々が思い抱く感情を表現しているかのような「愛」「故郷への愛着」「祈り」「孤立」といったテーマの作品が多いシャガールは、97年の長い生涯の中で15,000点に及ぶ作品を残しています。写実的な形にはこだわらず、心の目で見た形、色彩、動きを、詩情性豊かに描きあげているため、作品からは強い幻想性を感じますが、画家自身は「内面にある現実的な世界」をリアリティーを持って描いていた「リアリスト」だと自らを呼んでいます。
  • 代表作品・作品解説
  • 【私と村】

    制作の地をパリへ移したすぐ後に、少年時代の故郷の村のイメージをなつかしく呼び起こして描いた作品。中央には大きく描かれた牛と緑色の顔の人物である「私」がしっかり見つめあっています。作品の中央下部には自然(木)、上部には町並みと人々が描かれており、これは人間と自然の調和を意味しているともいわれています。

関連検索

  • シャガールの所属カテゴリー

    Top > エコール・ド・パリ > シャガール

    Top > 画家名 > シャガール


  • スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。