ワイエス(Wyeth)の代表作品・経歴・解説

アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth)
1917年7月12日生 - 2009年1月16日没
アメリカ / アメリカン・リアリスム
  • アメリカンリアリズムの代表画家「生を見つめ続けた画家」ワイエス
  • 作風:主に水彩絵の具やテンペラで作品で描き、素描も膨大に残されています。ワイエスは自宅のあるペンシルベニア州チャッズ・フォードと、別荘のあるメーン州クッシングの2つの場所で、風景や人物を描いています。メーン州では”衰え朽ちる”物事に興味を抱き、チャッズ・フォードでは”大地に潜むしっかりとした土台”に魅力を感じたという旨の言葉を残しており、それぞれの地で徹底した観察による描写を行いました。日本でもたびたび展覧会が開かれ人気が高い画家です。
  • 家族:父のN.C.ワイエスは有名な挿絵画家(イラストレーター)で、息子に絵の手ほどきをしました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【クリスティーナの世界】

    1948年ニューヨーク近代美術館によって買い上げられたことでワイエスを一躍有名にさせた出世作。クリスティーナはモデルの名前で、手足が不自由でした。ワイエスはこの作品で彼女の人生にある悲劇と喜びの2面性を捉えたいと考えていました。広大な野原、遠くに見える家、そこへ向かおうとしているクリスティーナ。孤独でありながらもしっかりと前を向き体を乗り出している姿からは強い意志をも感じます。

関連検索

  • ワイエスの所属カテゴリー

    Top > アメリカ20世紀美術 > ワイエス

    Top > 画家名 > ワイエス


  • スポンサード リンク