ヨーロッパ20世紀美術の画家

Top > 美術様式一覧 > ヨーロッパ20世紀美術

多様化する20世紀美術において、芸術運動もどんどん細分化されていきました。

ドイツでおこった表現主義、機械文明の価値観を芸術に取り込もうと試みた未来派、既成の秩序や常識を否定し無秩序や非理性を礼賛する ダダイスム、純粋な抽象表現を目指したロシア構成主義など、様々な主義・様式があらわれ、伝統的な美術の枠組みが崩れ、新たな美術を構築しようと模索がなされました。このような動きを端的に示しているのが、マルセル・デュシャンの”便器に偽名のサインを書いただけの問題作【泉】”であり、美術とは何かという強烈な問いかけがありました。

このような模索を経て形成された大きな潮流が抽象絵画とシュルレアリスムとなります。


本サイトでは、ヨーロッパにロシアも含めます。また「ヨーロッパ20世紀美術」は、主に第二次世界大戦前に活躍した画家(美術運動でいうとシュルレアリスムくらいまで)を意味し、それ以降は「その他20世紀美術~現代美術」に分類しています。※管理人の主観込みで大雑把に分類しています


スポンサード リンク