エコールドパリの画家(パリ派)

Top > 美術様式一覧 > エコールドパリ

エコールドパリとは「パリ派」の意味で、20世紀前半、各地からパリのモンマルトルやモンパルナスに集まってきた画家たちを指した総称です。

20世紀に入ると、フォービズムから始まった絵画運動はめまぐるしく変化していきますが、そんな運動とは一線を画して独自の芸術を追求する画家たちであり、画風や出身国も様々です。


スポンサード リンク