スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

コンスタブル(カンスタブル,Constable)の代表作品・経歴・解説

Constable1.jpg

乾草車(干し草車)

(1821年) 油彩・カンヴァス 130×185cm ナショナルギャラリー/ロンドン

ジョン・コンスタブル(John Constable)
1776年6月11日生 - 1837年3月31日没
イギリス / ロマン主義
  • 風景画の地位を飛躍的に高めた画家、コンスタブル
  • 位置づけ:同じくイギリスの風景画家ターナーとともに、ヨーロッパの風景画を代表する画家のひとりです。当時、絵画は描かれるモチーフによって階級が分かれており、歴史画が最も高い地位の絵画でしたが、コンスタブルは、地元ののどかな風景や自然の変化を描いた風景画を描き続け、下位に見られていた風景画の地位を押し上げたといわれています。
  • 手法:始めはロランのような理想的風景画を描いていましたが、しだいに雲の動きや風の流れといった「印象的なこと」へ画家の興味は移っていきました。パレット上で絵の具を混色しすぎずキャンバスに置いていく手法は、印象派の先駆けともいわれています
  • 代表作品・作品解説
  • 【乾草車(干し草車)】

    コンスタブルの地元サフォークののどかな田舎風景を描いた本作は、イギリスでは大した話題にならなかったのに対し、パリで展示されると素早い筆触で描かれた輝かしい光と色彩がフランスの画家達に絶賛されました。ロマン主義の画家ドラクロワにも大きな影響を与えたといわれています。

関連検索

  • コンスタブルの所属カテゴリー

    Top > 美術運動一覧 > ロマン主義 > コンスタブル

    Top > テーマ一覧 > 風景画を描いた画家 > コンスタブル

    Top > 画家名 > コンスタブル

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Constable2.jpg

    主教の庭から見たソールズベリー大聖堂
    (1823年)

    Constable3.jpg

    麦畑
    (1826年)

    Constable5.jpg

    フラットフォードの製粉所
    (1817年)

    Constable4.jpg

    雲の習作
    (1822年)

    Constable7.jpg

    デダムの水門と水車場
    (1817年)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。