スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ターナー(Turner)の代表作品・経歴・解説

Turner1.jpg

雨、蒸気、スピード――グレート・ウェスタン鉄道

(1844年) 油彩・カンヴァス 91×121.8cm ナショナルギャラリー/ロンドン

ウィリアム・ターナー(William Turner)
1775年4月23日生 - 1851年12月19日没
イギリス / ロマン主義
  • 偉大なる自然を描き続けた、イギリスを代表する風景画家
  • 特徴:各地を旅してまわり、多くの風景画や歴史画的風景画を残しているターナーの作品は、だ眼下の自然の形を追うのでははく、その場所の空気の動き、大気のよどみ、光の印象など、極めて抽象的なモチーフを描き出そうと試み、独特の靄がかかったような画面は「印象派を30年も先取りした」「20世紀抽象画の先駆け 」ともいわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【雨、蒸気、スピード――グレート・ウェスタン鉄道】

    絵画史上はじめて「速度」を描き出すことに成功したといわれている作品。靄の中から飛び出してきたような列車は遠近法が極端につけられ、列車の疾走感の印象を演出しています。

関連検索

  • ターナーの所属カテゴリー

    Top > ロマン主義 > ターナー

    Top > 画家名 > ターナー

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Turner2.jpg

    海の猟師たち
    (1796年)

    Turner6.jpg

    解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号
    (1838年)

    Turner4.jpg

    吹雪-港の沖合の蒸気船
    (1842年)

    Turner3.jpg

    吹雪―アルプスを越えるハンニバルとその軍隊
    (1812年)

    Turner5.jpg

    ヴェネツィア―グランドキャナル
    (1835年)

    Turner7.jpg

    ポリュフェモスを翻弄するユリシーズ(ホメロスの「オデュッセイア」)
    (1829年)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。