スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

フェルメール(Vermeer)の代表作品・経歴・解説

Vermeer2.jpg

牛乳を注ぐ女

(1658-59年) 油彩・カンヴァス 45.1×41cm ルーブル美術館/パリ

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)
1632年10月31日生 - 1675年12月15日没
オランダ / バロック期
  • 光と色彩で静謐な空間を描いたオランダの巨匠、フェルメール
  • 謎めいた生涯:オランダを代表する巨匠の生涯は、生年月日と結婚、子供の記録くらいしかありません。画家の組合である聖ルカ組合の理事に任命されていることから、生前から高い評価を受けていたようですが、同時代の巨匠レンブラント程ではなかったようです。残されている作品はわずか40点足らず(33~36点)で制作年もほとんど記されておらず、手紙や素描等も発見されておりません。
  • 作風:主題としては風俗画がメイン。窓から入ってくる光を好んで描き、その光が作り出すニュアンスや色彩の移り変わりを丁寧に描写しています。また綿密に計画された構図によって、独特の緊張感と静寂をを画面にもたらしています。また「何を描くか」というモチーフや主題よりも、「どう描くか」という絵画の構成方法や構図への執着の方が高かったと考えられています。
  • 技法:カメラ・オブスクーラという今のカメラの前身となるものを使っていたと考えられています。カメラ・オブスクーラを通して見ると光が粒のように見えるため、フェルメール作品においても光の部分には粒上に絵の具がのせられています。また、ラピスラズリという高価な原料から生成したウルトラマリンブルーという青色を多用し、この色はフェルメールブルーともいわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【牛乳を注ぐ女】

    フェルメールのもっとも著名な作品の一つで、壁、パン、籠、陶器などの質感描写が高く評価されています。また、特にパンの部分に光を粒上に描くポワンティエという技法が認められ、画面に生き生きとした光を生み出しています。
  • フェルメールの画集、関連書籍、グッズ紹介
  • フェルメール  ――謎めいた生涯と全作品  Kadokawa Art Selection (角川文庫)

    フェルメール ――謎めいた生涯と全作品

    その生涯で三十数作の作品を遺した、謎の画家・フェルメール。その全作品をカラーで紹介し第一人者が解説する、初心者もファンも垂涎の手軽な入門書! by Amazon

  • 西洋絵画の巨匠 (5) フェルメール

    西洋絵画の巨匠 (5) フェルメール

    現実をモデルにしながら、いかにしてその呪縛を振りほどき、現実よりも現実らしい虚構をつくりだすかに腐心した17世紀オランダの画家、フェルメール。全「真作」37点から、その静謐な世界に隠されたドラマチックな謎に迫る。 (「MARC」データベースより) by Amazon
    ■管理人より:この「西洋絵画の巨匠」シリーズは印刷がキレイでオススメです

  • フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)

    フェルメール全点踏破の旅

    日本でもゴッホと並ぶ人気を持つ十七世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。その作品は世界中でわずか三十数点である。その数の少なさ故に、欧米各都市の美術館に散在するフェルメール全作品を訪ねる至福の旅が成立する。しかもフェルメールは、年齢・性別を超えて広く受け入れられる魅力をたたえながら、一方で贋作騒動、盗難劇、ナチスの略奪の過去など、知的好奇心を強くそそる背景を持つ。『盗まれたフェルメール』の著者でニューヨーク在住のジャーナリストが、全点踏破の野望を抱いて旅に出る by Amazon

  • フェルメール (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

    フェルメール (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

    フェルメールの生涯、彼の活躍した時代の背景、初期の作品から後世におけるフェルメールに対する評価まで、彼の作品世界を豊富なカラー図版と共に堪能する(「MARC」データベースより) by Amazon

  • 真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]

    真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]

    【DVD】1665年、オランダのデルフト。画家フェルメールの家の使用人グリートは、フェルメールのアトリエの掃除を任され、彼の絵に出会い、強い衝撃を受ける。彼女のすぐれた色彩感覚に気づいたフェルメールは彼女に、絵の具の調合を手伝わせる。表向きは画家と使用人という関係だったが、ふたりは芸術のパートナーのような関係を築いていく。 by Amazon

  • red_ya.gif その他「フェルメール」の書籍等をAmazonで検索→
    red_ya.gif Rakuten派の方は 「フェルメール」の書籍を楽天市場で検索→

関連検索

  • フェルメールの所属カテゴリー

    Top > バロック美術及び17世紀周辺 > フェルメール

    Top > 画家名 > フェルメール

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Vermeer3.jpg

    真珠の耳飾の少女
    (青いターバンの少女)
    (1665-1666年頃)

    Vermeer4.jpg

    天秤を持つ女
    (1662-1663年頃)

    Vermeer5.jpg

    絵画芸術(の称賛)
    (1666-1667年頃)

    Vermeer6.jpg

    地理学者
    (1669年)

    Vermeer7.jpg

    レースを編む女
    (1669-70年)

    Vermeer8.jpg

    デルフトの眺望
    (1660-61年)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。