ドラクロワ(ドラクロア,Delacroix)の代表作品・経歴・解説

Delacroix_main.jpg

民衆を率いる自由の女神

(1830年)油彩・画布 260×235cm ルーブル美術館/パリ

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ(Ferdinand Victor Eugène Delacroix)
1798年4月26日生 - 1863年8月13日没
フランス / ロマン主義
  • ロマン主義を代表する、色彩と情熱の画家
  • 作風:激しい色遣い、躍動感溢れる構図、生き生きとした人物描写が特徴で、殺戮などの凄惨なシーンも多く、サロンに出品されると賛否両論となりました
  • 性格:描く作風から、本人も激情的な人生を送ったと思われがちですが、大きな波乱もなくいたって普通の性格だったといわれています
  • ライバル:新古典主義のアングルとの対決が有名です。しかし、周りが扇動していただけで当人はそこまで騒いでおらず、逆に古典的文学や神話に主題を求めていたため、自らを古典主義といっていました
  • 代表作品・作品解説
  • 【民衆を率いる自由の女神】

    1830年のフランス7月革命を主題とするもので、中央で3色旗を掲げる女性が「自由」の擬人像です(胸がはだけているのは乳房が祖国を意味するため)。3色旗は女神の足元にいる男性にも繰り返し使われています。革命という主題をとりあげていることから、当時の美術革新であったロマン主義を象徴しているかのような記念碑的な作品でもあります
  • 【キオス島の虐殺】

    19世紀初頭のギリシャ独立戦争の際、トルコ人に抵抗した何千というギリシャ人がキオス島で虐殺される様子を描いた歴史画で、発表当初「絵画の虐殺だ」と物議を醸します。手前には恐怖や不安に怯え憔悴しきった人々の姿が描かれ、後景には、まるでこの人々の行く末を暗示するかのように凄惨な虐殺の様子が描かれています。同題材で、【ミソロンギの廃墟に立つ瀕死のギリシャ】も残しています
  • 【サルダナパールの死】

    ロマン主義の求める形の縮図ともいえるような、様々な感情が波のように入り混じった激情的で非常に動的な激しいリズムを感じる「サルダナパールは、自身の世俗の財産が破壊されるのを眺めている。 サルダナパールは軍の敗北に際し、財産を破壊し愛妾や愛馬を殺害するよう命じ、自身で火をつけたのである」というパイロンの戯曲に基づき描いたものです
  • 【アルジェの女たち】

    北アフリカに良好に言った際の、数百枚のスケッチを元に再現されました。空間に溶け込むような色彩は美しく調和し響きあい印象派の画家達はこの作品を大絶賛しています。

関連検索

  • ドラクロワの所属カテゴリー

    Top > ロマン主義 > ドラクロワ

    Top > 画家名 > ドラクロワ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Delacroix2.jpg

    キオス島の虐殺
    (1824年)

    Delacroix3.jpg

    ミソロンギの廃墟に立つ
    瀕死のギリシャ
    (1834年)

    Delacroix4.jpg

    サルダナパールの死
    (1827年)

    Delacroix6.jpg

    アルジェの女たち
    (1834年)

    Delacroix7.jpg

    ダンテの小舟(地獄のダンテとウェルギリウス)
    (1822年)

    Delacroix8.jpg

    自画像
    (1837年)

    Delacroix9.jpg

    墓地の孤児
    (1824年)

    Delacroix10.jpg

    ショパンの肖像
    (1838年)

    Delacroix13.jpg

    モロッコのユダヤ風結婚式
    (1839年頃)

    Delacroix11.jpg

    セブー川の堤


    スポンサード リンク