スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

象徴主義の画家 (ラファエル前派・ヴィクトリア朝・世紀末象徴主義)

Top > 美術様式一覧 > 象徴主義

目に見えないもの、感じるもの、すわなち、人間の内面や夢、神秘性などを象徴的に表現しようとするもの、それが象徴主義(象徴派)の主張です。これは、目に見える世界を追求した「写実主義」や「印象派」への反動として生まれました。その由来はミレイによって発足されたラファエル前派の影響でもありますが、象徴主義の美術表現は印象派などと融合し多種多様となります。
本サイトではアール・ヌーヴォー、世紀末美術も広義の象徴主義としています。

●象徴主義の特徴
①装飾性・幻想性・神秘性が強い
②人間の内面の理想や葛藤を喚起するようなモチーフ
③1890年~20世紀初頭にかけて発生した、象徴主義の中でもさらに退廃的な作品を「世紀末美術」とよぶ

スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。