スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

北方ルネサンスの画家(フランドル、ドイツなどアルプス以北のルネサンス)

Top > 美術様式一覧 > 北方ルネサンス

イタリアで大規模な文化的復興=ルネサンスが興ると、その波はアルプスを越えた西洋諸国―ドイツ、ネーデルランド、フランスなど―にも届きました。それを北方ルネサンスといいます。※本サイトではイタリア・ルネサンス以外の西欧諸国でのルネサンス運動を「北方ルネサンス」として扱います

北方ルネサンスの中のひとつ「初期フランドル派(ファン・エイクが有名)」はイタリア・ルネサンスとほぼ同時期に始まり、その高度な油彩技術をと写実的な表現はイタリア芸術に大きな影響を与えました。そしてイタリアでは華々しくルネサンスが開花し、その技法や理論は巨匠達の手によりさらに洗練されていきました。16世紀頃には芸術の中心地はイタリアとなっていたわけです。
 その頃、初期フランドル派を始めその他西欧諸国では、独自の絵画表現が発達していました。イタリア・ルネサンスの波は各国で融合し、その国独特の表現が生まれていきます。

北方ルネサンスの特徴
①徹底した描写。緻密で細密な描きこみ
②生活に即したテーマや,宗教・哲学的主題が多い

スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。