スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

小磯良平の代表作品・経歴・解説

aa_not-public2.jpg

小磯良平(Ryōhei Koiso)
1903年7月25日 ~ 1988年12月16日没
日本 / 昭和期の洋画家
  • 昭和期に活躍した、日本を代表する洋画家。
  • 生涯:1903年、神戸市のクリスチャンの家に生まれます。中学校の同級生には詩人の竹中郁がおり、生涯にわたって交友を深めていました。1922年、小磯は東京美術学校(現東京芸術大学)の西洋画科に入学し藤島武二らから学びます。同大学を主席で卒業するなど早くから才能を開花させ、フランスへ留学。西洋の巨匠たちの作品に触れ、大いに刺激をえて帰国。帰国後は清楚な人物像や群像を精力的に描くとともに、母校である東京藝術大学において後進の育成にも努め、日本の洋画界の発展に大きく寄与しました。
  • 作品の特徴:肖像画や群像等の人物像が有名。油彩や素描、版画などで作品を残しています。西洋の伝統的な技法を踏襲しつつも画家独特の気品ある作品は今なお高い人気があります。
  • 小磯良平大賞展: 「小磯良平大賞展」は、昭和を代表する文化勲章受章者の洋画家、小磯良平画伯(1903〜88)の業績を称え、平成4年(1992)に創設した全国規模の公募展です。当初は2年ごとのビエンナーレとしてスタートし、第8回展(2007)からは3年ごとのトリエンナーレ形式で開催しています。大賞賞金は1千万円と国内最高。(一部公募展HPより抜粋)(リンク:小磯良平大賞
  • 代表作品・作品解説
  • 【T嬢の像】

    現在編成中
小磯良平のポスター、リトグラフ、カレンダーなど
※クリックでショップへ移動します


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。