ボナール(ピエール・ボナール,Pierre Bonnard)の代表作品・経歴・解説

bonnard1.jpg

田舎の食堂

(1913年) 油彩・キャンバス 164.5×204.7cm ミネアポリス美術/アメリカ

ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)
1867年10月3日生 - 1947年1月23日没
フランス / 後期印象派・ナビ派
  • 愛すべき日常を鮮やかに描きだした<色彩の魔術師>
  • 経歴: パリ郊外で生まれ、法律の勉強のかたわら画塾に通い趣味として絵を始めます。21歳の頃画家になる決意を固め、ゴーギャンを信奉する仲間らと「ナビ派」を結成。26歳でボナールの生涯の伴侶となるマルトと出会いました。
  • 親密派: 室内情景や静物、食卓や動物など身近なモチーフを好んで描いたことから、親密派(アンティミスト)と呼ばれています。中でも、最も描いたのは最愛の妻マルトの姿で、彼女の入浴の様子など約380点ほどの油彩画を描いたことで有名です。
  • 輝く色彩: 輪郭線を強調した、平坦な色面による装飾的な画面構成というゴーギャンの考えをそのまま受け継いだ「ナビ派」の様式と、日本の浮世絵の大胆な構図や色遣いに強く影響を受けています。1900年頃から印象派的な外光を意識した明るい色彩へと変化し、「色彩の魔術師」とも称されるまるで画面が輝いているような独特の色使いが生まれました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【田舎の食堂】

    それまで茶系の地味な色や室内画が多かったボナールの色彩が劇的に明るく変化したころの代表的な作品です。開け放たれた扉と窓によって室内にみずみずしい光がいきわたり、新鮮な空気をも画面から感じることができます。
  • 【座る娘と兎】

    日本美術への傾倒ぶりから「日本かぶれのナビ」とあだ名されていたボナール。本作は縦長の画面や構図、色使い等、ジャポニズムの影響を強く受けていた頃の作品でナビ派第1回の展覧会に出品されました。平面性を意識しているため、女性もウサギもまるで背景に埋まっているかのように見えます。
ボナールの画集、関連書籍、グッズ紹介
Powered by
amazon_logo.gif 
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
bonnard2.jpg

座る娘と兎
(1891年)

bonnard3.jpg

逆光の裸婦
(1908年)

bonnard4.jpg

浴室の裸婦
(1907年)

bonnard5.jpg

ヴェルノンのテラス
(1939年)

bonnard6.jpg

コーヒー
(1915年)

bonnard8.jpg

クローケーをする人々
(1892年)

bonnard7.jpg

白猫
(1894年)




スポンサード リンク