海北友松(かいほう ゆうしょう)の代表作品・経歴・解説

Kaihoyusho3.jpg

山水図屏風

(1602年) 紙本墨画 154.5×360.6cm 東京国立博物館

海北友松(Kaihō Yūshō)
1533年生 - 1615年6月27日没
日本 / 海北派
  • 狩野永徳、長谷川等伯らと並ぶ桃山時代画壇の絵師。
  • 生涯と経歴:  浅井氏家臣・海北綱親の五男(あるいは三男)として生まれ、戦国の動乱で幼くして禅門に入り、京の東福寺で修行し、このときに狩野派を学びます。師匠は狩野元信とも狩野永徳ともいわれていますがはっきりしていません。40才代で還俗すると海北家再興を志しますが、豊臣秀吉に画才を認められたことから武門を去り画業に専念しました。 晩年は公家や禅憎と交流を持ち、多くの水墨押絵貼屏風を制作しています。子に同じく絵師の海北友雪。
  • 作風: 戦国武人らしい気合の入った激しい筆使い、ダイナミックな画面構成が非常に特徴的であり、狩野永徳の大画面方式の影響をうかがわせます。人物描写においては「袋人物」と呼ばれる衣が風をはらんでふくらんだ袋のような衣文線を独自に作り上げます。晩年には筆数を抑える減筆体の手法により画面には静かで広大な余白がもたらされました。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Kaihoyusho1.jpg

飲中八仙図
(1602年)

Kaihoyusho2.jpg

琴棋書画図屏風

Kaihoyusho4.jpg

雲龍図屏風(右隻) 

Kaihoyusho5.jpg

花卉図屏風(左隻)


スポンサード リンク