スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)の代表作品・経歴・解説

KawanabeKyosai1.jpg

大和美人図

(1884-86年) 紙本着色  132.5×62.2cm 個人蔵

河鍋暁斎(Kawanabe Kyōsai)
1831年5月18日生~ 1889年4月26日没
日本 / 浮世絵・狩野派
  • 奔放でありながら確かな筆力で、激動の幕末期を駆け抜けた「奇才」
  • 位置づけと作風: 狩野派の流れと浮世絵との伝統を股にかけ、幕末・明治の激動期を生きた画家です。真面目な仏画から、風刺のきいた戯画・狂画や、妖怪画などで有名ですが、抜群の企画力・構想力、筆力の強さなど、そのスケールは他の追随を許しません。酒豪で知られ、奇行や逸話の多い画家としても有名。
  • 生涯と経歴: 下総国(現在の茨城県)に生まれ、2歳で家族とともに江戸へ移り、7歳で浮世絵師・歌川国芳の門に入り浮世絵を学びます。10歳で駿河台狩野家の前村洞和・狩野洞白陳信に師事し狩野派の画法を習得し、19歳で独立します。しかし時は幕末の不穏な世相の中で、狩野派絵師として生活するのが苦しかったため「狂斎」の名で風刺のきいた浮世絵、戯画、行灯絵などの制作をはじめ、一躍人気者となります。しかし、1870年は政治批判をしたとして逮捕投獄。翌年に放免後は、号を「暁斎」と改め、万博や勧業博覧会などの展覧会で目覚ましい活躍をします。また、英国人建築家コンデル(コンドル)を弟子にとったりと積極的に外国人との交流を図ったため、今日でも欧米の評価が日本を凌ぐといわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【大和美人図】

    弟子コンドル(コンデル)のために、彼の目前で60日かけて丹精を込めて描き、贈った作品。その制作の過程と技法を、1911年に出版した日本画の研究書「河鍋暁斎―本画と画稿」の中で詳細に記しています。各美人の着物の細密な柄の描きこみの見事さとともに、背景の屏風等の模様の丹念な描写に目を奪われます。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
KawanabeKyosai2.jpg

慈母観音像
(1883年)

KawanabeKyosai3.jpg

地獄太夫と一休

KawanabeKyosai4.jpg

暁斎楽画・ 不動明王開化
(1874年)

KawanabeKyosai6.jpg

地獄極楽めぐり図より三途の川の渡し船

KawanabeKyosai8.jpg

枯木寒鴉図
(1881年頃)

KawanabeKyosai5.jpg

鯉魚遊泳図

KawanabeKyosai7.jpg

幽霊図

KawanabeKyosai9.jpg

九相図


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。