スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

歌川 広重(うたがわひろしげ,Utagawa Hiroshige)の代表作品・経歴・解説

Hiroshige1.jpg

東海道五十三次(東海道五拾三次)之内 日本橋 朝の景

(1833年) 横大判錦絵 山口県立萩美術館・浦上記念館

歌川 広重(Utagawa Hiroshige)
1797年生 -1858年10月12日没
日本 / 江戸後期・浮世絵
  • 世界的に高い人気を誇っている風景画の巨匠
  • 経歴と生涯: 当時人気の浮世絵師歌川豊国と同門の歌川豊広の弟子として修行を始めた広重は、役者絵や花鳥図等様々なジャンルを手掛けましたが、特に美人画を描く絵師として認識されていました。
     1831年頃に発表された10枚シリーズの「東都名所」により、名所絵(風景がの意味)を中心に制作していくスタイルへと転向。1833年には代表作でもある「東海道五十三次」を手掛けるとブレイク。北斎と共に風景浮世絵師として名声を決定的なものとします。一方名所絵師として活躍するようになってからも花鳥図や美人画などを手掛けています。晩年には紙を縦長方向に用いた縦絵作品が多くなり、最晩年には広重の代表的シリーズのひとつでもある「名所江戸百景」を描き始め、62歳で生涯を終えるまで同シリーズ108枚を描き上げました。
  • 作風: 広重の初期の名所絵から見られる、透視図法を自然に取り込んだ巧みで大胆な画面構成、そして晩年になるほど顕著に表れるモチーフの大胆なトリミングは、ゴッホモネなど海外の美術家に多大なる影響を与えました。また広重の作品に好んで使われている鮮やかな藍色(ベロ藍)は、「ジャパンブルー」あるいは「ヒロシゲブルー」といって評価が高く、広重はこの色をぼかして空気感や光彩の表現にも成功しています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【東海道五十三次之内 日本橋 朝の景】

    公用で江戸から京都へ東海道を旅した際に描いた55枚(53の宿場に日本橋と京)のシリーズで、先に描かれていた「東都名所」で見られた大胆な構図に加え、移り変わる四季の叙情や風や雨を感じさせる立体的な描写などが見事な、広重の代表作です。その最初の1枚である本作は、開け放たれた木戸から日本橋を正面に望む構図が非常に新鮮であり、日本橋の何気ない早朝の光景を見事にとらえています。また異版として「東海道五十三次之内 日本橋 行列振出」が彫り直されています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Hiroshige3.jpg

東海道五十三次之内 箱根宿

Hiroshige10.jpg

東海道五十三次之内 吉原宿

Hiroshige4.jpg

名所江戸百景・亀戸梅屋敷
(1857年)

Hiroshige5.jpg

名所江戸百景・大はしあたけの夕立

Hiroshige6.jpg

名所江戸百景・深川州崎十万坪
(1857年)

Hiroshige7.jpg

鴛鴦(おしどり)
(1832-34年)

Hiroshige8.jpg

富士三十六景・駿河薩多海上

Hiroshige9.jpg

魚つくし・伊勢海老・車鰕・芝ゑび


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。