レノルズ(ジョシュア・レノルズ,レイノルズ,Joshua Reynolds)の代表作品・経歴・解説

Reynolds1.jpg

第7代ローダーデイル伯ジェイムズ

(1759-1761年) 油彩・カンヴァス 238.6 x 144.6cm ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館/シドニー

ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds)
1723年7月16日生 - 1792年2月23日没
イギリス / ロココ期
  • ロイヤル・アカデミー初代会長。18世紀イギリスを代表する肖像画家
  • 経歴と理念:ゲインズボロとともに18世紀のイギリスを代表する肖像画家で、イギリスのロイヤル・アカデミーの初代院長も務めた教育者でもありました。「芸術家は常に高貴で崇高なものを描かなければならない」と考えていたレノルズは、ラファエロのような古典絵画の巨匠の様式(グランド・マナー)を重視し、聖人・神話・歴史上の事件などを扱った「歴史画」を最も位の高いジャンルだとするイギリス美術の模範となる理念を作りました。一方で本人は、「歴史画」を意識したような宗教的・歴史的な道具によって象徴的な意味を持たせ理想化した肖像画を多数描いたことで知られています。。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Reynolds2.jpg

マスター・ヘア
(1788-1789年)

Reynolds3.jpg

オーガスタス・ケッペルの肖像
(1779年)

Reynolds4.jpg

ウェヌスの帯を解くクピド
(1788年)

Reynolds5.jpg

Elizabeth Kerr of Lothian
(1769年頃)

Reynolds6.jpg

オマイの肖像
(1776年)

Reynolds7.jpg

レディ・キャロライン・ハワード
(1779年)


スポンサード リンク