スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ワッツ(ジョージ・フレデリック・ワッツ,George Frederic Watts)の代表作品・経歴・解説

Watts1.jpg

希望

(1886年) 油彩・カンヴァス 142.2×111.8cm テート・ブリテン/イギリス

ジョージ・フレデリック・ワッツ(George Frederic Watts)
1817年2月23日生 - 1904年7月1日没
イギリス / ヴィクトリア朝・象徴主義
  • 象徴的で神秘的な作品のヴィクトリア朝を代表する画家、ワッツ
  • 生涯・経歴:ロンドンの貧しいピアノ職人の息子として生まれ、早くから芸術の才を示していたワッツは、18歳の時ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに入学しますが、その後は主に独学で絵を学びます。1840年代の中頃に、ワッツはイタリアを訪問して、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂、ジョットのスクロヴェーニ礼拝堂らに強い霊感を受けます。
     今日では象徴主義の画家として名が知られていますが、当時は肖像画家としても尊敬され、当時の重要な人物たち、たとえば詩人アルフレッド・テニスン、ミレイやレイトンなどをモデルとして描きました。謙虚で慎ましい性格だったワッツは、ヴィクトリア女王からの准男爵授爵や、ロイヤルアカデミー会長の話がありましたがこれを辞退しています。1902年にはメリット勲章を授与され、1904年自宅の近くにあった建物をワッツ・ギャラリーに改築し自身の芸術品のみを集めた美術館を完成させ、同年死亡しました。
  • 作風:生命の不確かさ・儚さ、生命と進化のダイナミックなエネルギー、人生の感情や願望などを、普遍的な象徴的言語で表現しようとした「House of Life」と呼ばれる寓意的な作品で知られています。レイトンから影響を受けた古典主義的な画風、またラファエル前派に近いともいわれますが、後期にはワッツの到達点はより神秘的なイメージに変わっていき、抽象画に先鞭をつけたような作品もみられます
  • 代表作品・作品解説
  • 【希望】

    目隠しをされているのか怪我をして包帯を巻かれている女性が地球のような丸い球体に力なく腰掛け、たった一本の弦しかない竪琴を弾いて(その音に耳を傾けて)いる姿が描かれています。抽象的な「希望」という概念を普遍的な図像として形作っている本作は、ギリシャ神話に登場するパンドラ(禁断の箱を開け、世の中に禍をもたらした女性)から着想を得ているものとも考えられています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Watts2.jpg

オルフェウスとエウリュディケ

Watts3.jpg

サー・ガラハッド
(1888年)

Watts4.jpg

ヘンリー・エドワード・マニング枢機卿の肖像
(1882年)

Watts5.jpg

選択(エレン・テリーの肖像)
(1864年)

Watts6.jpg

Found Drowned
(1867年)

Watts7.jpg

エンデュミオン
(1872年)

Watts8.jpg

無垢を覆う死
(1886-87年)


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。