マッケ(アウグスト・マッケ,August Macke)の代表作品・経歴・解説

Macke1.jpg

緑の上着の婦人

(1913年) 油彩・カンヴァス 44 × 43cm ヴァルラフ=リヒャルツ美術館/ケルン

アウグスト・マッケ(August Macke)
1887年1月3日生 - 1914年9月26日没
ドイツ / 表現主義・青騎士
  • 青騎士最年少メンバーで夭折の画家。幻想的な色彩の詩人
  • 経歴:初期は印象派やセザンヌに影響を受けたマッケの画風が転機を迎えるのは、1910年、青騎士の主要メンバーであるフランツ・マルクとの出会いでした。青騎士年鑑の編纂や展覧会にも関わり、青騎士主要メンバーとなります。1914年クレーとともに北アフリカアへ旅行へ出掛けると、その土地の鮮烈な色彩に感銘を受け、水彩画を数十点描きます。旅行から帰国後、第一次大戦に従軍し27歳の若さで戦死しました。
  • 作風・理論:ドローネーの色彩的キュビスム(オルフィスム)から強く影響を受けた透明感のある鮮烈な色彩が最も特徴的な他、セザンヌやキュビスムの影響を受けた理知的な画面構成、単純化された形態などがマッケの特色として挙げられます。
     画題としては、表現主義の他の画家が感情の表現に着目し政治的・思想的な主張や生の感情をぶつけたような色彩感覚を用いていることに対し、マッケは日常生活や人物などを好んで描きました。マッケにとって色彩は画家の内面を表す手段ではなく、色彩そのものが鑑賞者に与える効果という点について興味があったといえるでしょう。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Macke2.jpg

妻の肖像
(1909年)

Macke3.jpg

木の下の少女たち
(1914年)

Macke4.jpg

カイルアンⅢ
(1914年)

Macke5.jpg

トルコ風カフェ
(1914年)

Macke6.jpg

園芸農業
(1911年)

Macke7.jpg

牛とラクダのいる風景
(1914年)

Macke8.jpg

小道の眺め
(1914年)

Macke9.jpg

さらば
(1914年)


スポンサード リンク