レジェ(フェルナン・レジェ,Fernand Leger)の代表作品・経歴・解説

aa_not-public2.jpg

フェルナン・レジェ(Fernand Leger)
1881年2月4日生-1955年8月17日没
フランス / キュビスム・オルフィスム
  • 色と曲線のキュビスム――チュビスムの画家
  • 経歴・生涯:絵を始めた最初期は印象派風の作品を描いていたものの、1907年のセザンヌの回顧展に衝撃を受け、当時の前衛芸術であったキュビスムに参加。1910年頃に、フランシス・ピカビア、ジャン・メッツァンジェらが参加していた前衛画家グループ「ピュトー派(ピュトー・グループ)」に加わり、キュビスムが軽視していた色彩を復活させるなど、キュビスムの運動をより発展させようとしました。レジェはこうした当時の前衛的な美術運動に参加しつつ、キュビスムとも抽象絵画とも異なった独自の様式を確立していきます。
  • 理論・作風・モチーフ:セザンヌから多大なる影響を受けていた時期は、セザンヌの言葉である「自然を円錐、円筒、球として捉える」を明快に実践し人物を円筒に描いたため「キュビスム」をもじって「チュビスム」と揶揄されたこともありました。ピカソやブラックらのキュビスムで失われていた色彩を復活させ、色のコントラストによるキュビスムを研究してたレジェは、最終的にはキュビスムの運動から離れて、太い輪郭線と単純なフォルム、明快な色彩で構成される簡潔で明快な芸術を目指しました。
     モチーフとして、自然風景よりも、機械化された現代文明の風景を好んでおり、人間もロボットのように単純化して描いています。

スポンサード リンク