スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ヴァン・ダイク(アンソニー・ヴァン・ダイク,Anthony van Dyck)の代表作品・経歴・解説

van-Dyck1-1.jpg

狩り場のチャールズ1世 または 英国王チャールズ1世の肖像

(1635年) 油彩・カンヴァス 272×212cm ルーブル美術館/パリ

アンソニー・ヴァン・ダイク(Anthony van Dyck)
1599年3月22日生 - 1641年12月9日没
フランドル / バロック美術
  • イギリス肖像画に多大な影響を与えた、17世紀フランドルの代表的画家
  • 経歴:幼い頃から絵画の才能を発揮していたヴァン・ダイクは、16歳で自分の工房を開くほどの腕前を持っていました。当時絶大な人気のあったルーベンスの工房に弟子入りし、ルーベンスの右腕として2年間制作。<その後赴いたイタリアでティツィアーノらのヴェネツィア派の色彩の魅力を発見します。フランドルに戻ると、これら巨匠の作風とヴァン・ダイクの画風を融合した、独特の優美で洗練された繊細な作風を確立させます。
     1632年にイギリスに渡ると、チャールズ1世の宮廷画家として仕え王や貴族たちの肖像画の制作を主たる仕事とし、イングランドにおいて大成功を収めるにいたりました。
  • 肖像画家:ヴァン・ダイクと同じ生年のベラスケス、この2人こそが、最初期の宮廷肖像画家として卓越した才能を見せた画家と言われており、ヴァン・ダイクはイギリスの肖像画に多大な影響を与えました。当時、肖像画は神話画や歴史画よりも格が下位に置かれていたことから、画家としては多少の不満はあったかもしれませんが、繊細な感情の描写やさりげない演出、静的な表現を得意としていた彼にとって、最も最良の道といえるのが肖像画の分野だったのかもしれません。また師であるルーベンスが、ダイナミックな構図、ふくよかに肉付いた生き生きとした人物描写により国際的に活躍していたことから、他分野での成功を模索していたのかもしれません。
  • 代表作品・作品解説
  • 【狩り場のチャールズ1世】

    派手な装飾品等を身につけていないため、一見するとイングランド国王ではなく田園地帯を散策している田舎の紳士に見えるかもしれない本作は、明けはじめの空の他の大半が影に沈んでいる中に、王であるチャールズ1世だけを全身くっきりと浮かび上がったように描くことでその存在を強調しています。また、天性の統治者としての威厳に満ちた、しかしどこか冷酷で人を寄せ付けないようにも思える繊細な表情は、将来的に必ずしも安泰ではなかった自らの王位や宿命をも鑑賞者に感じさせます。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
van-Dyck2.jpg

自画像
(1621年)

van-Dyck3.jpg

ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソン
(1633年)

van-Dyck4.jpg

ジョン・ステュアート卿と弟バーナード・ステュアート卿の肖像
(1638年)

van-Dyck5.jpg

リナルドとアルミーダ
(1629年)

van-Dyck6.jpg

マリー=ルイーズ・デ・タシスの肖像
(1630年)

 van-Dyck6-1.jpg
van-Dyck7.jpg

馬上のチャールズ1世とサン・アントワープの領主の肖像
(1633年)

van-Dyck8.jpg

ヘンリエッタ・アン・ステュアート


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。