スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

グリューネヴァルト(マティアス・グリューネヴァルト, Matthias Grunewald)の代表作品・経歴・解説

Grunewald1.jpg

イーゼンハイム祭壇画(第1面)

(1511-15年) 油彩・パネル ウンターリンデン美術館/フランス

マティアス・グリューネヴァルト(Matthias Grunewald)
1470/1475年頃生 - 1528年8月31日没
ドイツ / 末期ゴシック、ドイツ・ルネサンス
  • ドイツ絵画史上最も重要な作品の1つ『イーゼンハイム祭壇画』の作者
  • 位置づけ:ドイツの画家デューラーとよく比較されるグリューネヴァルトは、デューラーがイタリアを回り最新の技術を研究していたことに対し、ひたすらドイツ国内で制作を続けていました。そのため正確な描写力はデューラーに劣りますが、線や色の使い方、人体のデフォルメなどで宗教的な感情を劇的な効果で表現する技を持っていました。没後、長い間忘れ去られ、生年や詳しい活動歴、本名さえもはっきりとしていませんが、19世紀末頃から再評価されるようになり研究が進んでいます。
  • 代表作品・作品解説
  • 【イーゼンハイムの祭壇画(第1面)】

    第1面、第2面、第3面からなる祭壇画の第1面中央パネルは十字架上のキリストの左右に聖母マリア、マグダラのマリア、使徒ヨハネ、洗礼者ヨハネなどが描かれています。十字架上のキリスト像は、キリストの肉体に理想化を施さない、凄惨で生々しい描写が見事で、肉体はやせ衰え、首をがっくりとうなだれ、苦痛に指先がひきつっています。左パネルには聖セバスティアヌス、右パネルには聖アントニウスの像を表し、プレデッラにはピエタが描かれています。聖セバスティアヌスはペスト患者の守護神であり、聖アントニウスは「聖アントニウスの火」というライ麦から発生する病気の患者の守護神とされています。

    関連検索

  • グリューネヴァルトの所属カテゴリー

    Top > 北方ルネサンス > グリューネヴァルト

    Top > 画家名 > グリューネヴァルト

作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Grunewald2.jpg

イーゼンハイムの祭壇画
第1面(中央パネル)
(1511-15年)

Grunewald3.jpg

イーゼンハイムの祭壇画
第2面
(1511-15年)

Grunewald4.jpg

イーゼンハイムの祭壇画
第2面(中央パネル)
(1511-15年)

Grunewald5.jpg

イーゼンハイムの祭壇画
第3面
(1511-15年)


Grunewald6.jpg

辱められるキリスト
(1503年)


Grunewald7.jpg

聖母とイエス
(1517-19年)


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。