スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ヴェロネーゼ(パオロ・ヴェロネーゼ,Paolo Veronese)の代表作品・経歴・解説

Veronese1.jpg

カナの婚礼

(1562-63年) 油彩・カンヴァス 669×990cm ルーブル美術館/パリ

パオロ・ヴェロネーゼ(Paolo Veronese)
1528年生 - 1588年4月19日没
イタリア / ルネサンス・ヴェネツィア派・マニエリスム
  • これぞヴェネツィア派 な画家、ヴェロネーゼ
  • 位置づけ:ジョバンニ・ベッリーニを第1世代、ジョルジョーネティツィアーノを第2世代とするなら、ティントレットと並びヴェネツィア派の第3世代を担ったのがヴェロネーゼといえるでしょう。非常に優れた色彩感覚の持ち主で、フレスコ、油彩ともに幻想的な色使いの装飾的かつ絢爛豪華な絵画作品で知られています。ヴェロネーゼのもっとも有名な作品は劇的で色彩に満ちたマニエリスム様式で描かれた精緻かつ物語性豊かな連作絵画群で、壮重な建築物と壮麗な画面構成が特徴です。本名はパオロ・カリアーリ(カリアリ)ですが、出身地であるヴェローナから「ヴェロネーゼ」として知られるようになりました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【カナの婚礼】

    ルーブル美術館で最も大きなサイズの絵画である本作は、当時文化的円熟期を迎えていたヴェネツィアの開放的な風土を象徴するかのような鮮やかで華やかな色彩が特徴的な作品です。新約聖書「ヨハネによる福音書」に記されたキリストの奇跡―キリストがカナ村で婚礼に出席した際、水瓶の水をぶどう酒に変えた―が描かれています。あでやかな色彩の競演が美しい本作の着目点として、画面中央下部にヴェベツィア派を代表する画家達、すなわち、白い服の人物はヴェロネーゼの自画像、赤い服の人物はティツィアーノ、ヴェロネーゼの肩越しに顔を覗かせている緑の服のティントレット、が描かれています。
  • 【レヴィ家の饗宴】

    縦5m超、横12m超という大画面に輝くような色彩で描かれた贅沢な食卓の様子が描かれた作品、もともとは「最後の晩餐」として描かれたものでした。しかしヴェロネーゼは本来の聖書のエピソードとは無関係な道化、小人、犬などのモチーフを用いたことが不信心ではないかとして、ローマ・カトリック教会の異端審問会に召還を受けます。画家はこの時「これは最後の晩餐ではなくレヴィ家の饗宴の様子です」といって見事に切り抜け、教会も聖書の題材ならよいとこれを認めています。
    なお、画面中央やや左の男の衣装にみられる明るい黄緑色は後世「ヴェロネーゼ・グリーン(ヴェロネーゼの緑)」と呼ばれるようになりました。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Veronese2.jpg

レヴィ家の饗宴
(1573年)

Veronese3.jpg

レパントの海戦
(1572年)

Veronese4.jpg

賢明と力の寓意
(1580年)

Veronese5.jpg

キューピッドによって結ばれるマルスとヴィーナス
(1570年代)

Veronese6.jpg

キリストの磔
(1580-88年頃)

Veronese7.jpg

女性の肖像(ラ・ヴェッラ・ナーニ
(1552年)

Veronese8.jpg

レダと白鳥


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。