シスレー(アルフレッド・シスレー,Alfred Sisley)の代表作品・経歴・解説

Sisley1.jpg

ポール・マルリーの洪水

(1876年) 油彩・カンヴァス 60×81cm オルセー美術館/パリ

アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)
1839年10月30日生 - 1899年1月29日没
フランス / 印象派
  • スタイルを貫き通した、「最も典型的な印象派画家」シスレー
  • 風景画+印象主義:シスレーは59年の生涯で800点ほどの油彩画を残していますが、静物画と風景画20点弱を除き、風景画ばかりを描きました。初期はターナーやコンスタブルらのイギリス風景画に影響を受けていましたが、パリでモネやルノワールと出会い、印象派の画家達とフォンテーヌブローの森で戸外制作を始めます。印象派展には全4回出品をしますが、当時の評価は低く、貧困のうちに生涯を終えています。印象主義の時代は、その技法や表現方法がめまぐるしく変化していきましたが、シスレーは一貫して印象派画法を描き続けたため、今日では、「もっとも典型的な印象画家」として、広く名を広めています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ポール・マルリーの洪水】

    一見すると美しい河を描いたようにも思える本作は、セーヌ川の氾濫の情景が描かれています。アトリエを出て戸外で自然を前に制作するようになった印象派の画家達は、明るい自然の光がもたらす効果に注目し、光が色とりどりに美しく反射する水辺の風景を多数描くようになります。シスレーもまた、本作において見渡す限りの水面に映りこむ、灰色の空やレンガ色の建物の姿を、階調していく豊かな色面の塊として軽やかに描いています。ポール・マルリーの洪水の様子は全部で7点ほど描いています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Sisley2.jpg

ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋
(1872年)

Sisley3.jpg

洪水と小舟
(1876年)

Sisley4.jpg

ルヴシエンヌの雪
(1874年)

Sisley5.jpg

モレの教会堂
(1894年)

Sisley6.jpg

モレ・シュル・ロワン
(1839年)

Sisley7.jpg

春の太陽、ロワン川
(1892年)

Sisley8.jpg

モレジーのレガッタ(競艇)
(1874年)


スポンサード リンク