スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

フリードリヒ(フリードリッヒ,Friedrich)の代表作品・経歴・解説

Friedrich1.jpg

氷海 もしくは氷の海 もしくは希望号の難破

(1823-1824年) 油彩・カンヴァス 91×162cm ルーブル美術館/パリ

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(Caspar David Friedrich)
1774年9月5日生 - 1840年5月7日没
ドイツ / ロマン主義(ドイツロマン派)
  • ドイツロマン派を代表する、孤独と静寂の風景画家
  • 作風:フリードリヒの描く風景画は、厳しい自然に対する恐怖や恐れを実直にキャンバスに描き表しているように感じられると共に、「悲劇的な風景画」と呼ばれる内省的で孤独感に溢れており、心象的、宗教的なイメージをも伝えます。モチーフとしては、自然の風景、廃墟、墓地、木などが多く、人物が画中に描かれている際も、後姿で立ち鑑賞者とともに風景を見つめています。
  • 影響:フリードリヒは新しい風景画を切り開いた画家として一時期名を広めますが、晩年は流行遅れの憂鬱なロマン主義者として評価が落ちていき、死後急速に忘れ去られました。しかし20世紀に入り再評価の動きが高まると、ムンク、ロスコ、シュルレアリスムのマグリットや、リヒター、ベックリンなど多くの画家にその独特の作品感は影響を与えることとなり、現在ではドイツロマン派の巨匠と数えられています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【氷海】

    壊れた氷河の中の座礁した船がぽつんと描かれた作品、この船が希望号という名であることから「希望号の難破」とも呼ばれます。まるで墓標のようにも見える大きな氷塊の中に無力な「希望」が描かれている、なんとも閉塞感の漂う作品です

    関連検索

  • フリードリヒの所属カテゴリー

    Top > ロマン主義 > フリードリヒ

    Top > 画家名 > フリードリヒ

作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Friedrich2.jpg

雲海の上の旅人
(1818年)

Friedrich3.jpg

リューゲン島の白亜岩
(1818年)

Friedrich4.jpg

月を想う男と女
(1830-35年)

Friedrich5.jpg

樫の森の修道院
(1808-1810年)

Friedrich6.jpg

ヴァッツマン山
(1824-25年)

Friedrich7.jpg

エルデナ修道院
(1825年)

Friedrich8.jpg

窓辺の夫人
(1822年)


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。