ジャン・グロ(アントワーヌ=ジャン・グロ,Antoine-Jean Gros)の代表作品・経歴・解説

Jean-Gros1.jpg

アイラウの戦いにおける、野戦場のナポレオン1世
エロの戦場のナポレオン・ボナパルト

(1808年) 油彩・カンヴァス 521×784cmm ルーブル美術館/パリ

アントワーヌ=ジャン・グロ (Antoine-Jean Gros)
1771年3月16日生 - 1835年6月25日没
フランス / 新古典主義・ロマン主義
  • ロマン主義の血が色濃く流れる、苦悩の新古典主義画家
  • 生涯:幼少より絵の才能を開花させたグロは、新古典主義の画家ダヴィッドの工房に入り、熱心に新古典主義の教えを受けます。フランス革命の混乱期であった1793年、イタリアにて皇帝ナポレオンの偉業を讃える歴史画を描くと一気に彼の名声が高まり、1804年から描いたナポレオンを称賛する大作3点の完成によりその地位を不動のものとしました。

    1816年、エコール・デ・ボザールの教授に就任し、古典主義の指導者の地位を恩師ダヴィッドより引き継いだグロ。しかし彼は作品を追求すればするほど、ロマン主義的傾向の作品となっていることに気付きます。例えば戦争画の生々しさや激しさといったリアリティーを、生き生きとした彩色によりもたらすその手腕は、画家が持ちえた天性の才能であり魅力であったといえます。そういった古典主義の流れに反するとみなされた色合いを持ちながら、古典主義派で修行した彼はその決まり事に束縛され、ついには苦悩の末1835年自殺します。

  • 出世3部作:①『ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン』 ②『アブキールの戦い』 ③『アイラウの戦い(における、ナポレオン1世)』を次々と完成させたグロ。これらの3つの主題、①大衆の支持を得た指導者が不動の悪疫に直面する場面 ②勝利の素晴らしい瞬間へ挑戦する場面 ③激戦の苦い損失に心を痛める場面は、その類稀なる迫真の描写力と、ナポレオンを肯定的に描いたことで、彼の名声を押し上げた出世作とされています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Jean-Gros2.jpg

ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン
(1804年)

Jean-Gros3.jpg

アブキールの戦い
(1806年)

 Jean-Gros3-1.jpg
Jean-Gros4.jpg

アルコン橋上のナポレオン
(1801年)

Jean-Gros5.jpg

クリスティーヌ・ボワイエ像
(1800年頃)

Jean-Gros6.jpg

ジュリエット・レカミエ夫人
(1825年)

Jean-Gros7.jpg

アキスとガラテア
(1833年)

Jean-Gros8.jpg

ナポレオンの愛馬マレンゴ
(1801年)


スポンサード リンク