スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ポロック(ジャクソン・ポロック,Jackson Pollock)の代表作品・経歴・解説

ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)
1912年1月28日生 - 1956年8月11日没
アメリカ / 抽象表現主義・アクションペインティング
  • アートの中心がヨーロッパからアメリカへ!アメリカ美術に大きな影響を与えた画家
  • 生涯: 1912年、ワイオミング州コーディに生まれ、画家トーマス・ハート・ベンソンよりリ指導を受けます。始めはベンソンの影響の強い作品を描いていましたが、メキシコ人の壁画作家達に衝撃を受け、自らの制作スタイルの方向を模索し始めます。初期はピカソのキュビスム的画面構成とシュルレアリスム的な主題を扱い、やがては現在彼の代名詞でもあるといえる、アクション・ペインティングを追求していくこととなりました。彼の作品の奔放さ、自由さは、当時のアメリカそのものを象徴するとして、歓迎と非難をもって受け入れられましたが、そういったプレッシャーからか、元々患っていたアルコール依存が強くなっていったポロック。彼は自動車事故により44歳という短い生涯を終えました。
  • アクション・ペインティング:完成した絵を描くのではなく、描いているときこそが表現とするもの。キャンバスをイーゼルからおろし、筆を使わないで絵の具の滴りで描く「ドリッピング」や、「ポアリング」という技法を考案しました。
  • ポロックの言葉:「絵はそれ自身の命を持っている。私はそれをまっとうさせてやろうとするのだ。絵と自分はギブアンドテイクの関係にある」

スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。