スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

黒田清輝(Kuroda Seiki)の代表作品・経歴・解説

Kuroda1.jpg

湖畔

(1897年) 油彩・カンヴァス 69×84.7cm 東京国立博物館

黒田清輝(Kuroda Seiki)
1866年8月9日生 - 1924年7月15日没
日本 / 洋画家・外光派
  • 日本の近代洋画の発展に大きく影響を与えた画家、黒田清輝
  • 生涯:もともとは法律家になるため、1884年渡仏した黒田は、絵に興味を抱くようになり画家へ転向、外光派のサロン画家ラファエル・コランに師事し、アカデミックな絵画教育を受けます。1891年に「読書」でサロンに入選し、2年後に帰国します。帰国後は日本画壇に身を置いたものの、古い封建的な体質に激しく反発し、若い画家仲間たちと共に「白馬会」を創設。2年後には東京美術学校(現・東京藝術大学)の教授に就任するなど、美術教育の発展や西洋画家の地位向上に大きく影響を与えました。
  • 作風と影響:黒田が師事したコランは、外光描写を取り入れた美しい女性像・裸婦像を得意とする画家でした。それまでバビルゾン派風の作風が主であった日本洋画界に、彼の帰国によって自由で明るさに溢れた作品がもたらされました。
     また、当時は裸体画を展示するのは好ましくないとされていたものの、西洋美術の伝統に基づき、人体を描くことを重視し、裸体デッサンを絵画制作の基礎として定着させていきました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【湖畔】

    箱根の芦ノ湖と彼岸の山を背景にして涼をとるこの女性のモデルは、友人の画家安藤仲太郎が紹介した芸者で、当時23歳の金子種子。のちに清輝の妻となり照子と改名しています。明治30年の第2回白馬会展では『避暑』の題で出品され、1900年のパリ万国博覧会に『智・感・情』とともに出品されたものです。即興的に製作された作品ですが、日本の独特の湿度や気温など高原の気配が伝わってくるような様子を見事に描き出しています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Kuroda2.jpg

読書
(1892年)


Kuroda3.jpg

智・感・情
(1899年)


Kuroda4.jpg

野辺
(1907年)



スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。