スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

モンドリアン(ピエト・モンドリアン,Piet Mondrian)の代表作品・経歴・解説

Mondrian1.jpg

ブロードウェイ・ブギ=ウギ

(1942-43年) 油彩・カンヴァス 127 x 127cm ニューヨーク近代美術館

ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)
1872年3月7日 - 1944年2月1日没
オランダ・アメリカ / 抽象主義
  • 垂直線と水平線で描く「冷たい抽象」
  • 生い立ち:1872年オランダで生まれ、アムステルダム国立美術アカデミーを卒業後、パリにアトリエを構えました。そこでピカソやブラックらのキュビスムに感銘を受け、抽象表現の研究に向かうこととなります。それから1940年アメリカに移り住むまでオランダ、パリ、ロンドンで抽象表現の実験を重ね、「コンポジション」の作風を確立していきます。戦火を逃れるためにアメリカに移住した70歳のモンドリアンは、大都会ニューヨークにすっかりはまり、代表作「ブロードウェイ・ブギ=ウギ」を描きました。
  • 理論:モンドリアンは「新造形主義」として、宇宙の調和を表現するためには完全に抽象的な芸術が必要であると主張しました。すなわち自然に対して、主観・感情、さらに奥行きや立体を排していくことでした。ついに画面からは様々な色や曲線は消え、水平線と垂直線、そして三原色と黒、白、グレーのみで作品を構成しました。
  • 与えた影響:絵を平面として捉え、額縁を取り除き、何かの描写ではない一つのそれ自体として完成された表現としての絵を追求したモンドリアンの姿勢は、様々な変化を経つつ抽象表現主義やミニマル・アートに受け継がれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ブロードウェイ・ブギ=ウギ】

    華やかなネオン、そびえる摩天楼、そして人々の雑踏、、ニューヨークのブロードウェイの魅力の虜となった彼が、当時流行していたジャズ音楽を題名に用いた軽快な作品。水平と垂直の線、そして使われている色は3原色のみという無機質な要素で構成されているにも関わらず、画面に配された四角の大小が奥行き間を演出し、軽快なリズムをも感じさせるような、モンドリアンの傑作です。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Mondrian2.jpg

赤と黄と青のあるコンポジションⅠ
(1921年)

Mondrian3.jpg

灰色の樹
(1912年)

Mondrian4.jpg

コンポジションⅠ(木)
(1912年)

Mondrian5.jpg

灰色とライト・ブラウンのコンポジション
(1918年)


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。