青木繁(Shigeru Aoki)の代表作品・経歴・解説

aoki_sigeru1.jpg

海の幸

(1904年) 油彩・カンヴァス 70.2×182.0cm 石橋財団石橋美術館/東京

青木 繁(Shigeru Aoki)
1882年7月13日生 - 1911年3月25日没
日本 / 洋画家
  • 28歳で短い人生の幕を下ろした夭折の天才画家
  • 生い立ち:今の福岡県久留米市に生まれる。1899年に上京し、翌年東京美術学校西洋画科に入学し、黒田清輝や、藤島武ニらの指導を受けます。1908年白馬会へ神話画稿10数点を出品し、第1回白馬会賞を受賞し、画壇へのデビューを果たします。代表作「海の幸」や、波の躍動感を見事に表した海景シリーズなどを制作し、画家としてのピークを迎えますが、この頃学生を終えて経済力が無い上に、親の変わりに兄弟たちを養わなければならなかったため、生活は困窮を極めます。心身ともに病んでいた繁は1911年(明治44年)3月、入院先の福岡市の病院で28歳の若さで死去しました。
  • 作風:日本の古代神話などをモチーフにした浪漫的色彩の濃い画風は、ラファエル前派や19世紀イギリス美術の影響が認められ、明治浪漫主義とよばれる時代の空気の中で、当時の詩人始め、人々の心を力強くとらえました。
  • 青木繁記念大賞西日本美術展:青木繁の画業を讃えて、ビエンナーレ形式で行われるコンクール展。詳細はこちら
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
aoki_sigeru2.jpg

わだつみのいろこの宮
(1907年)

aoki_sigeru3.jpg

黄泉比良坂
(1903年)

aoki_sigeru4.jpg

大穴牟知命
(1905年)

aoki_sigeru5.jpg

女の顔ル
(1904年)


スポンサード リンク