スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ,Caravaggio)の代表作品・経歴・解説

Caravaggio_main.jpg

聖マタイの召命

(1600年) 油彩・カンヴァス 322×340cm サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂/ローマ

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)
1571年9月28日生 - 1610年7月18日没
イタリア・ミラノ / バロック美術
  • 光と闇の画家、カラヴァッジョ
  • 特徴:「よい画家とは物事をうまく模倣できる者」という画家の言葉通り、理想化しない冷徹なまでの写実性と、深い明暗対比による劇的な画面作り
  • 性格:激情的な性格で、喧嘩によって投獄経験もあり、人を殺したことも。38歳で亡くなり「呪われた画家」ともいわれる
  • 与えた影響:バロック期の画家、、ルーベンス、フェルメール、レンブラントやベラスケスたちに、大変大きな影響を与えた。またカラヴァッジョに傾倒した画家のことを「カラヴァジェスティ」と呼ぶ
  • 代表作品・作品解説
  • 【聖マタイの召命名】

    カラヴァッジョにとっては公的な場でのデビュー作、且つ出世作であり、美術史上ではバロック美術への扉を開いた記念碑的作品ともいわれている作品です。キリストがマタイに向かって「私について来なさい」と彼を召し出す場面を描いたもので、画面右から差し込んでくる光が人物の顔だけを浮かび上がらせているため、表情がクローズアップされ臨場感と現実感溢れる描写となっています
  • 【洗礼者ヨハネの斬首】

    その破天荒な性格から殺人を犯し、ローマを追放されますが、騎士団のための作品や肖像画を描いたことを評価され、名誉ある騎士団の一員として入会を認められました。これを記念する作品がこの「洗礼者ヨハネの斬首」。画家の署名が入っている唯一の作品でもあります。ただしその後また事件を起こし投獄され、逃亡中に死亡しました。自身も殺人をした過去のある画家が描いた、この不気味な光景には妙なリアリティーが生まれています
  • 【果物籠】

    みずみずしい葡萄、朽ちる葉、手に触れることが出来そうな果物籠、、、この描写力が、天才画家といわれる所以です。カラバッジョが手がけた静物画の現存作品はこの1点だけですが、イタリア静物画の端緒となったといわれています
  • 【聖母の死】

    まるで薄暗いスポットライトが当たっているかのような深い明暗対比で描かれた作品。この作品は「聖母マリアのお眠り」というテーマで注文主が発注したにも関わらず、彼は単に横たわっているだけの女の遺体を描き、注文主である教会から受け取りを拒否されたという逸話もあります。これは聖人を理想化しないで庶民の姿で描くことこそが、真に迫るリアリズムだと確信していたからです。(マリアのモデルは、川に身を投げた娼婦ともいわれていたり。。。)
  • カラヴァッジョの画集、関連書籍、グッズ紹介
  • 西洋絵画の巨匠 カラヴァッジョ

    西洋絵画の巨匠 カラヴァッジョ

    西洋絵画の巨匠たちに絶大な影響を与えた、イタリアの天才無頼画家カラヴァッジョ。画家の生涯と代表作の意味、影響について展望し、その芸術の全貌に迫る決定版画集。名画の感動と臨場感を、世界最高水準の印刷で再現する。(「MARC」データベースより) by Amazon

  • カラヴァッジョ巡礼 (とんぼの本)

    カラヴァッジョ巡礼

    17世紀初頭のローマで、一世を風靡したバロック絵画の巨匠カラヴァッジョ。斬新な明暗法を駆使した写実的かつ幻視的な作品は常に賛否両論を巻き起こし、さらには生来の激しい気性から殺人を犯し、逃亡生活を余儀なくされる。聖なる画家にして非道な犯罪者。その光と闇に包まれた生涯を辿りつつ、現地に遺された作品を追って旅する。(「BOOK」データベースより) by Amazon

  • カラヴァッジョへの旅―天才画家の光と闇 (角川選書)

    カラヴァッジョへの旅―天才画家の光と闇

    西洋美術史上もっとも大きな革新を成し遂げて近代写実主義の先駆をなし、レンブラント、ベラスケス、フェルメールら17世紀のほとんどすべての芸術家に大きな影響を与えた巨匠、カラヴァッジョ。殺人を犯し、イタリアの北から南へと逃亡の末に38歳で果てた「呪われた天才画家」の破滅的な生涯の足跡を追いつつ、各地で制作されたバロック美術の傑作の数々を紹介。劇的な明暗表現で描かれる幻視と聖性、その人間性と芸術の深奥を読み解く(「BOOK」データベースより) by Amazon

  • カラヴァッジオ (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

    カラヴァッジオ(ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

    スキャンダラスな絵画、それに劣らないスキャンダラスな人生。逃亡生活の果ての失踪。美術史上最もミステリアスで、最も革命的な画家であった、カラヴァッジオの謎に満ちた人生と作品を鑑賞する。(「MARC」データベースより) by Amazon

  • red_ya.gif その他「カラヴァッジョ」の書籍をAmazonで検索→
    red_ya.gif Rakuten派の方は 「カラヴァッジョ」の書籍を楽天ブックスで検索→

関連検索

  • カラヴァッジョの所属カテゴリー

    Top > バロック美術 > カラヴァッジョ

    Top > 画家名 > カラヴァッジョ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Caravaggio26.jpg

    洗礼者ヨハネの斬首
    (1608年)

    apple64.jpg

    果物籠
    (1597年)

    Caravaggio13.jpg

    聖母の死
    (1601-03年)

    Caravaggio21_20110225200940.jpg

    ロレートの聖母
    (1603-06年)

    Caravaggio5.jpg

    聖ペテロの磔刑
    (1601年)

    Caravaggio22.jpg

    キリストの埋葬
    (1602-03年)

    Caravaggio28.jpg

    勝ち誇るアモール
    (1601年)

    Caravaggio29.jpg

    バッカス
    (1595年)

    Caravaggio30.jpg

    いかさま師
    (1595年頃)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。