パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の代表作品・経歴・解説

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)
1881年10月25日生 1973年4月8日没
スペイン / 20世紀美術・キュビスム
  • スタイルを変え続けた美術界の冒険者
  • 位置づけ:20世紀を代表する画家として、広くその名を轟かせているピカソは、その絵画のスタイルをめまぐるしく変化させ、新しい表現の形を産み出し続けてきた、好奇心旺盛な美の冒険者といえるでしょう。生涯におよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されています。
  • 表現:画面を深い青色で描く叙情的表現の「青の時代」、明るい色彩を用いた「ばら色の時代」、セザンヌから影響を濃く受けた「キュビスムの時代」、彫像のような重量感を持った母子像等が制作された「新古典主義の時代」など、カテゴライスするのが困難なほど、様々な作風で描いています。「画家にとって最悪の敵はスタイル」という言葉残しているピカソは、スタイルを大きく変化させるときに、たいていは愛する女性の変化も関わっていたといわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【アヴィニョンの娘たち】

    娼窟を描いた本作は、娼婦宿のあるスペインのアヴィニョー通りからタイトルがつけられました。セザンヌの影響により、物事をいったん解体し、複数の視点から再構成し直すという、明暗法や遠近法といった絵画における約束事・常識を覆した本作は、現在では、キュビスム、ひいては現代美術の出発点と最重要視されていますが、発表当初は「ピカソは狂っている!」といわれてしまいました。

関連検索

  • ピカソの所属カテゴリー

    Top > ピカソとマティス周辺 > ピカソ

    Top > 画家名 > ピカソ


  • スポンサード リンク

    ムンク(Edvard Munch)の代表作品・経歴・解説

    munch1.jpg

    叫び

    (1893年) テンペラ・パステル・厚紙 91×73.5cm オスロ国立美術館/ノルウェー

    エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)
    1863年12月12日 ~ 1944年1月23日没
    ノルウェー / 表現主義
    • 人間の心の移ろいを表した画家、ムンク
    • 生涯:ノルウェーの名家に生まれたムンクは、幼い頃最愛の母と姉を亡くし、彼自身も体が弱かったといわれています。そこから得た「死」のイメージや「不安」「孤独」などをテーマとした作品は保守層から酷評され、個展が1週間で中止に追い込まれたこともありましたが、今ではノルウェーを代表する国民的画家となっています
    • テーマと作風:「生と死」「愛」「孤独」などの「退廃的」ともいえる人間の感情を表現し続けました。それは、自らの人生をそのまま作品にしていこうという画家の考えでもありました。
    • 画家の言葉:「室内の絵、読書する男、編み物をする女の絵はもういらない。呼吸し、苦悩し、感じ、愛する本物の人間の絵を描こう」
    • 代表作品・作品解説
    • 【叫び】

      ムンクの最も有名な代表作。毒々しいほど赤い夕焼けの空の中で、聞こえないはずの「自然の叫び声」を感じ耳を塞ぐ人物が配されています。極端にデフォルメされた人体、禍々しいまでの筆跡の背景、、、画面からは、この人物が感じた見えない不安が痛いほどに伝わってきます。

    関連検索

  • ムンクの所属カテゴリー

    Top > 表現主義 > ムンク

    Top > 画家名 > ムンク

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    munch2.jpg

    マドンナ
    (1894-95年)

    munch3.jpg

    思春期
    (1894-95年)

    munch4.jpg

    病める子
    (1885-86年)

    munch5.jpg

    月光
    (1895年)


    スポンサード リンク