スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

クリムト(Klimt)の代表作品・経歴・解説

klimt4.jpg

接吻

(1907-08年) 油彩・カンヴァス 180×180cm 
ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館/ウィーン

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)
1862年7月14日生 - 1918年2月6日没
オーストリア / ウィーン分離派・世紀末象徴主義
  • 世紀末ウィーンで「生命の輝き」を描き続けた画家、クリムト
  • 位置づけ:世紀末芸術の代表的画家であり、ウィーン分離派の初代会長であったクリムト。ウィーン分離派とは、保守的・古典的な芸術組合から離れて自由な表現を求めて結成された集団であり、クリムトもまた常に新しい芸術的挑戦を繰り返していきました。
  • モチーフ:クリムトが頻繁に描いたのは寓意をこめた裸婦像であり、妊婦、セックス、死など赤裸々で官能的なテーマを描いていたため、好色的、エロティックとの批判を受けます。しかし退廃的なモチーフを描きながらも、計算されつくした絢爛で装飾的な作品からは、世紀末という時代の転換期における、芸術の挑戦や、モチーフの発する生命の力強い鼓動が聞こえてくるようです。
    また、生涯を通じて、肖像画や風景画も多く手がけています。
  • 作風:「黄金様式」と呼ばれる、写実的な人物描写と金と幾何学的な模様を融合させ作り出す装飾的な画面が特徴です。これは東方ビザンティン様式のモザイクや日本・東洋の影響が見てとれます。1910年代からは「黄金様式」から離れ、金色の代わりに鮮やかな色彩が画面を覆うようになります。
  • 代表作品・作品解説
  • 【接吻】

    1908年開催された「ウィーン総合芸術展」に出展され、すぐに国家が買い上げた、画家の代表作。モデルはクリムト自身と恋人エミーリエ・フレーゲと考えられ溶け合うような黄金の中でキスする男女が描かれています。愛と恍惚に溢れる本作ですが、女性の足元は崖となっており、2人の愛の危うさも暗示しています。

関連検索

  • クリムトの所属カテゴリー

    Top > 象徴主義 > クリムト

    Top > 画家名 > クリムト

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    klimt3.jpg

    ダナエ
    (1907/08年)

    klimt10.jpg

    パラス・アテナ
    (1898年)

    klimt2.jpg

    人生の3段階
    (1905年)

    klimt5.jpg

    音楽
    (1895年)

    klimt11.jpg

    ベートーヴェン・フリーズ
    第1面 幸福への憧れ(部分)
    (1902年)

    klimt7.jpg

    アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I
    (1907年)

    klimt8.jpg

    フリッツァ・リートラーの肖像
    (1906年)

    klimt9.jpg

    ぶなの森
    (1901-02年)

    klimt6.jpg

    ヘレネ・クリムトの肖像
    (1898年)

    klimt12.jpg

    眠る女性の上半身と手の習作

    klimt13.jpg

    2人の裸婦の習作


    スポンサーサイト
    スポンサード リンク

    ワイエス(Wyeth)の代表作品・経歴・解説

    アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth)
    1917年7月12日生 - 2009年1月16日没
    アメリカ / アメリカン・リアリスム
    • アメリカンリアリズムの代表画家「生を見つめ続けた画家」ワイエス
    • 作風:主に水彩絵の具やテンペラで作品で描き、素描も膨大に残されています。ワイエスは自宅のあるペンシルベニア州チャッズ・フォードと、別荘のあるメーン州クッシングの2つの場所で、風景や人物を描いています。メーン州では”衰え朽ちる”物事に興味を抱き、チャッズ・フォードでは”大地に潜むしっかりとした土台”に魅力を感じたという旨の言葉を残しており、それぞれの地で徹底した観察による描写を行いました。日本でもたびたび展覧会が開かれ人気が高い画家です。
    • 家族:父のN.C.ワイエスは有名な挿絵画家(イラストレーター)で、息子に絵の手ほどきをしました。
    • 代表作品・作品解説
    • 【クリスティーナの世界】

      1948年ニューヨーク近代美術館によって買い上げられたことでワイエスを一躍有名にさせた出世作。クリスティーナはモデルの名前で、手足が不自由でした。ワイエスはこの作品で彼女の人生にある悲劇と喜びの2面性を捉えたいと考えていました。広大な野原、遠くに見える家、そこへ向かおうとしているクリスティーナ。孤独でありながらもしっかりと前を向き体を乗り出している姿からは強い意志をも感じます。

    関連検索

  • ワイエスの所属カテゴリー

    Top > アメリカ20世紀美術 > ワイエス

    Top > 画家名 > ワイエス


  • スポンサード リンク

    ベラスケス(Velázquez)の代表作品・経歴・解説

    Velazquez1.jpg

    女官たち(ラス・メニーナス)

    (1656年) 油彩・カンヴァス 318×276cm プラド美術館/スペイン

    ディエゴ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez)
    1599年6月6日(洗礼日) - 1660年8月6日没
    スペイン / バロック期
    • 「画家の中の画家」「王の画家」ベラスケス
    • 宮廷画家:24歳の若さで宮廷画家となり、当時国王の肖像画を描くことを許された唯一の画家であるベラスケス。特に王女マルガリータを描いた肖像画で有名です。宮廷画家として活躍する前は、風俗画―特にボデコン(厨房画)といわれる庶民の台所の光景を多く描いていました
    • 画風:「鏡のようなリアリズム」といわれるほど徹底した写実表現で、王族や貴族を美化して描いたり理想化することなく描きました。厳とした写実表現にありがちな冷徹な描写ではなく、軽やかな筆触や溢れ出る色彩によって、描かれている人物の体温が伝わってくるような人間らしさを描いていることが特徴です。また、深い明暗対比を特徴とするバロック美術にイタリア旅行で観たティツィアーノらから学んだ光と色彩を融合し、独自の画風を築いていきます。その生き生きした筆使いは特に印象派の画家から大絶賛され、ルノワールもその色使いに感嘆の言葉を残しています。
    • 代表作品・作品解説
    • 【女官たち(ラス・メニーナス)】

      「絵画の神学」と称されたベラスケスの晩年の傑作。フェリペ4世の王女マルガリータを中心に侍女、矮人(わいじん)、犬の背中に足をかけている道化師などが描かれ、画面左には巨大なキャンバスの前で制作中のベラスケス自身の姿が誇らしげに描かれています。中心の王女マルガリータを含め、画中の人物は鑑賞者の方へ視線を向けており、何かに気付いて一瞬、動作を止めたようなポーズで描かれています。その「何か」は画面奥の壁に描き表された鏡に暗示されています。この小さな鏡にぼんやりと映るのは国王フェリペ4世夫妻の姿であり、この絵の鑑賞者の位置に立って画中の人物たちを眺めているのは実は国王その人となります。このような複雑な構図によって、鑑賞者は国王とともにこの場面を見ているように意識し、自分が画中の人物に見つめられているような錯覚をおこします。
      また構図だけではなく画面全体をやさしく包み込む光のニュアンス、宝石のように輝く王女マルガリータ、厚塗りと薄塗りを使い分けた素早い筆致、空間の広がりなどの全ての要素が調和し、不思議なまでの均衡と緊張感を纏っており「名画中の名画」とまでいわれるにいたっています。
    • 【教皇インノケンティウス10世】

      「ベラスケスの肖像画家としての腕前は、まさに比類がなかった。フェリペ4世の醜い顔を格段美化することなく、その高貴と威厳をありありと目に見えるようにできたし、マルガリータ王女の初々しさ愛らしさを忘れがたく後世に残し、また宮廷道化師たちの自尊と悲哀、その人生までも描ききった。彼の鋭い人間観察力が、ヴァチカンの最高権力者に対しても遺憾なく発揮されたのはとうぜんで、イノケンティウス十世は神に仕える身というより、どっぷり俗世にまみれた野心家であることが暴露されている。」引用:中野京子著:怖い絵

    関連検索

  • ベラスケスの所属カテゴリー

    Top > バロック美術 > ベラスケス

    Top > 画家名 > ベラスケス

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Velazquez2.jpg

    教皇インノケンティウス10世
    (1650年)

    Velazquez5.jpg

    王女マルガリータ(5歳頃)
    (1656年)

    Velazquez6.jpg

    王女マルガリータ(8歳)
    (1659年)

    Velazquez4.jpg

    アラクネの寓話(織女たち)
    (1657年)

    Velazquez3.jpg

    鏡の前のヴィーナス
    (1647-51年)

    Velazquez11.jpg

    ブレダの開城
    (1634-35年)

    Velazquez7.jpg

    道化パブロ・デ・バリャドリードの肖像
    (1634年)

    Velazquez10.jpg

    バッカスの勝利(酔っぱらいたち)
    (1628-29年)

    Velazquez8.jpg

    マルタとマリアの家のキリスト
    (1618年頃)

    Velazquez9.jpg

    聖母戴冠


    スポンサード リンク

    ユトリロ(Utrillo)の代表作品・経歴・解説

    モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)
    1883年12月26日生 - 1955年11月5日没
    フランス / エコール・ド・パリ
    • 不安定な精神を反映する「白」の画家、ユトリロ
    • 作風:ユトリロは故郷の町並みを描き続けていますが、「白の画家」と呼ばれるほど白色を多用し独特のマチエールで深みを持たせています。ユトリロは自身の絵から「枯れた花やろうそくの匂いがすればいいと思う」と語っています。後に精神に安定を取り戻すと絵に「色彩」が生まれていきます。
    • 半生:幼い頃からアルコール依存と精神不安定だったユトリロ。治療のために絵を始めたといわれています。母のシュザンヌ・ヴァラドンもまた画家であり奔放な人生を送っており、画家の父親が誰であるかはいまだ分かっていません。
    • 代表作品・作品解説
    • 【コタン小路】

      「白の時代」と呼ばれるユトリロの傑作が多く生まれた頃の代表作。建物の窓は閉められ、空も町も全体的に灰色がかっているため寂しい印象を受け、ユトリロの不安定な精神状態を通して眺めた町並みを見ることができます。単調になりがちな白色に対して、豊かな色調やマチエール(絵肌)の幅を持たせることで深みがもたらされ、寂しいながらも、人々の体温や息吹を感じることが出来ます。

    関連検索

  • ユトリロの所属カテゴリー

    Top > エコール・ド・パリ > ユトリロ

    Top > 画家名 > ユトリロ


  • スポンサード リンク

    モディリアーニ(Modigliani)の代表作品・経歴・解説

    Modigliani1.jpg

    髪をほどいた横たわる裸婦

    (1917年) 油彩・カンヴァス 60×92.2cm ルーブル美術館/パリ

    アメデオ・モディリアーニ(Amedeo Modigliani)
    1884年7月12日生 - 1920年1月24日没
    イタリア・フランス / エコール・ド・パリ
    • 優美な曲線を追求した「破滅型の天才」モディリアーニ
    • 作風:もともとは彫刻家志望でしたが、虚弱なモディリアーニには向かず、絵画へと路線を変えていきます。生涯を通して描いたのは人物が主で、独特の引き伸ばしたり誇張したプロポーションや、アーモンド形の目、メランコリックな雰囲気が特徴です。
    • 半生:ハンサムで女好き・酒乱・薬物依存、、、最後はそんな不摂生もたたり持病が悪化し35歳の若さで夭折したモディリアーニの人生は映画化され伝説化しつつあります。また、エコール・ド・パリの画家たちと親交が深く、キスリングやスーチンなどの肖像も残しています。
    • 代表作品・作品解説
    • 【髪をほどいた横たわる裸婦】

      1616年から3年ほど集中的に裸婦像を制作していた時期の1点。モディリアーニの描く裸婦像は官能的で挑発的、そして彫刻のような力強さも持っています。この作品におけるポーズは古典画家のジョルジョーネの裸婦像にも使われていた典型的なポーズです。裸婦像制作は徐々に減っていきますが、伝統絵画や彫刻的な造形や、ヌードの流れるような曲線を経たことで、以降のモディリアーニの描く肖像画はさらに流麗になっていきました。
    • 【肘をつくジャンヌ・エビュテルヌ】

      モディリアーニの最愛の恋人で画家の晩年の3年間献身的に支え続けたジャンヌ・エビュテルヌ。彼女を描いた作品は25点ほど知られており、優美な曲線と独特の瞳が描かれていない青い目は観る者を深く惹きつけます。尚、彼女はモディリアーニの死後2日後に自殺して後を追ったことで有名です。
    • モディリアーニの画集、関連書籍、グッズ紹介
    • モディリアーニの恋人 (とんぼの本)

      モディリアーニの恋人

      短くも激しく生きた伝説のカップルに新たな光を当て、その魂の軌跡を追う! 美術史上きってのモテ画家と美貌の画学生ジャンヌは、パリで運命の出会いを果たす。たちまち恋に落ちた2人を待ち受けていた運命とは......。波乱の生涯を追いつつ、新資料・新知見をまじえて作品の真価を問い直すモディリアーニ解体新書。日本で見られる作品ガイド付。 by Amazon

    • 美の20世紀〈3〉モディリアーニ (美の20世紀 3)

      美の20世紀〈3〉モディリアーニ

      20世紀に活躍し、美の新領域を開拓したアーティストたちを精選して、その足跡を辿る傑作集。第3巻では、エコール・ド・パリの旗手、アメデオ・モディリアーニの耽美の深奥に迫る。巻末に詳細な年譜付き。 (「MARC」データベースより) by Amazon

    • モディリアーニ 真実の愛 [DVD]

      モディリアーニ 真実の愛 [DVD]

      【DVD】孤高の天才画家アメデオ・モディリアーニとその妻ジャンヌの愛の物語と、ライバルである芸術家たちの知られざる青春物語。出演はアンディ・ガルシア、エルザ・ジルベスタインほか。(「Oricon」データベースより) by Amazon

    • red_ya.gif その他「モディリアーニ」の書籍をAmazonで検索→
      red_ya.gif Rakuten派の方は 「モディリアーニ」の書籍を楽天ブックスで検索→

    関連検索

  • モディリアーニの所属カテゴリー

    Top > エコール・ド・パリ > モディリアーニ

    Top > 画家名 > モディリアーニ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Modigliani2.jpg

    肘をつくジャンヌ・エビュテルヌ
    (1919年)

    Modigliani3.jpg

    ジャンヌ・エビュテルヌの肖像
    (1918年)

    Modigliani4.jpg

    キスリングの肖像
    (1915年)

    Modigliani5.jpg

    シャイム・スーチンの肖像
    (1916年)

    Modigliani6.jpg

    座る裸婦
    (1916年頃)

    Modigliani8.jpg

    カリアティード
    (1913年)

    Modigliani7.jpg

    カリアティード
    (1914年)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。