スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

ジャン・グロ(アントワーヌ=ジャン・グロ,Antoine-Jean Gros)の代表作品・経歴・解説

Jean-Gros1.jpg

アイラウの戦いにおける、野戦場のナポレオン1世
エロの戦場のナポレオン・ボナパルト

(1808年) 油彩・カンヴァス 521×784cmm ルーブル美術館/パリ

アントワーヌ=ジャン・グロ (Antoine-Jean Gros)
1771年3月16日生 - 1835年6月25日没
フランス / 新古典主義・ロマン主義
  • ロマン主義の血が色濃く流れる、苦悩の新古典主義画家
  • 生涯:幼少より絵の才能を開花させたグロは、新古典主義の画家ダヴィッドの工房に入り、熱心に新古典主義の教えを受けます。フランス革命の混乱期であった1793年、イタリアにて皇帝ナポレオンの偉業を讃える歴史画を描くと一気に彼の名声が高まり、1804年から描いたナポレオンを称賛する大作3点の完成によりその地位を不動のものとしました。

    1816年、エコール・デ・ボザールの教授に就任し、古典主義の指導者の地位を恩師ダヴィッドより引き継いだグロ。しかし彼は作品を追求すればするほど、ロマン主義的傾向の作品となっていることに気付きます。例えば戦争画の生々しさや激しさといったリアリティーを、生き生きとした彩色によりもたらすその手腕は、画家が持ちえた天性の才能であり魅力であったといえます。そういった古典主義の流れに反するとみなされた色合いを持ちながら、古典主義派で修行した彼はその決まり事に束縛され、ついには苦悩の末1835年自殺します。

  • 出世3部作:①『ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン』 ②『アブキールの戦い』 ③『アイラウの戦い(における、ナポレオン1世)』を次々と完成させたグロ。これらの3つの主題、①大衆の支持を得た指導者が不動の悪疫に直面する場面 ②勝利の素晴らしい瞬間へ挑戦する場面 ③激戦の苦い損失に心を痛める場面は、その類稀なる迫真の描写力と、ナポレオンを肯定的に描いたことで、彼の名声を押し上げた出世作とされています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Jean-Gros2.jpg

ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン
(1804年)

Jean-Gros3.jpg

アブキールの戦い
(1806年)

 Jean-Gros3-1.jpg
Jean-Gros4.jpg

アルコン橋上のナポレオン
(1801年)

Jean-Gros5.jpg

クリスティーヌ・ボワイエ像
(1800年頃)

Jean-Gros6.jpg

ジュリエット・レカミエ夫人
(1825年)

Jean-Gros7.jpg

アキスとガラテア
(1833年)

Jean-Gros8.jpg

ナポレオンの愛馬マレンゴ
(1801年)


スポンサーサイト
スポンサード リンク

ブグロー(ウィリアム・ブグロー(ブーグロー)/William Bouguereau)の代表作品・経歴・解説

ヴィーナスの誕生

(1879年) 油彩・カンヴァス 299.7 x 217.8cm オルセー美術館/パリ

ウィリアム・アドルフ・ブグロー(ブーグロー)(William Adolphe Bouguereau)
1825年11月30日生 - 1905年8月19日没
フランス / アカデミズム
  • アカデミズムの巨匠。甘美な絵の代名詞、ブグロー
  • 位置づけ:ブグローが生きた19世紀後半のフランスは、印象派が1874年に第1回展を開くなど、新しい表現への転換を迎えていた時代でした。しかし美術学校お墨付きの”正統派”な、いまゆるアカデミック派の勢力は健在であり、カバネルとともに、この時代のアカデミズム絵画を代表する画家です。マネやセザンヌら印象派の画家たちの絵画を拒否した保守派の人物としても有名。生前は大変な人気を博していましたが、死後、印象派やモダニズム絵画の台頭により忘れさられていましたが、20世紀末頃からアカデミスム絵画を再評価する動きが始まり、ブグローについても再評価がなされるようになりました。
  • 作風:神話画や宗教画、そして風俗画を多数残しており、特に少女や女性の姿を描いたものが有名です。その世界観は、可憐で清楚、甘美、官能、耽美的という言葉と共に語られます。微妙な明暗の調子を再現する精緻な描写力、そして磨きあげられたマチエール(絵肌)が際立つその様式は、アカデミックな写実技法の極致ともいえるでしょう。
  • 経歴:フランス西部の港町・ラ・ロシェル生まれ。1846年パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に学び、新古典主義の画家ピコの弟子となります。1850年にはローマ賞(新進美術家に与えられる最高の賞)を受賞。1876年には美術アカデミー会員となり、1888年にはエコール・デ・ボザールの教授に就任します。ブグローは、絵に描いたようなエリートコースを歩んでいったのです。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ヴィーナスの誕生】

    古くから非常によく描かれてきた画題である「ヴィーナスの誕生」。当時のアカデミーでは裸婦を描くのは神話の中の人物に限られていました。ボッティチェリから始まったヴィナース特有の体をS字にくねらせた「恥じらいのポーズ」を多少は残しつつも、開放的で人間的な女神として描かれています。

関連検索

  • ブグローの所属カテゴリー

    Top > 新古 典主義,アカデミズム > ブグロー

    Top > 画家名 > ブグロー

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Bouguereau3.jpg

    地獄のダンテとウェルギリウス
    (1850年)

    Bouguereau4.jpg

    小鳥
    (1867年)

    Bouguereau5.jpg

    干草を作る女性
    (1869年)

    Bouguereau6.jpg

    ニンフとサテュロス
    (1873年)

    Bouguereau7.jpg

    キューピッド
    (1875年)

    Bouguereau12.jpg

    少女
    (1878年)

    Bouguereau8.jpg

    春の再来
    (1886年)

    Bouguereau11.jpg

    乾き
    (1886年)

    Bouguereau9.jpg

    キス
    (アモールとプシュケ)
    (1889年)


    スポンサード リンク

    ヴィンターハルター(Winterhalter)の代表作品・経歴・解説

    Winterhalter1.jpg

    侍女に囲まれたウジェニー王妃

    (1855年) コンピエーニュ城美術館/フランス

    フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター(Franz Xaver Winterhalter)
    1805年4月20日生 - 1873年7月8日没
    ドイツ / 新ロココ美術・新古典主義
    • 国際的に華々しく活躍した宮廷画家、ヴィンターハルター
    • 位置づけ:宮廷画家として、ヨーロッパ中の貴族や皇室の肖像画を描き大成功したヴィンターハルター。新古典主義・ロマン主義・ロココをバランスよく取り入れ、モデルの実物の魅力を最大限引き出しつつ、華麗な演出を加えた優美で香ばしい作品は、ヴィクトリア女王にも愛されました。美術界からの評判や死後の評価は悪かったものの、宮廷にここまで愛された画家は多くはいません。
    • 代表作品・作品解説
    • 【侍女に囲まれたウジェニー王妃】

      牧歌的な森の中に、侍女とともに仲良く輪になって花を集めるフランスのウジェニー王妃を配したこの絵は賞賛を浴び、1855年の万国博覧会でも展示され、画家の代表作となっています

    関連検索

  • ヴィンターハルターの所属カテゴリー

    Top > 新古典主義 > ヴィンターハルター

    Top > 画家名 > ヴィンターハルター

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Winterhalter2.jpg

    オーストリア皇后エリーザベト
    (1865年)

    Winterhalter3.jpg

    バルブ・ドゥ・リムスキー=コルサコフ夫人の肖像
    (1864年)

    Winterhalter4.jpg

    ヴィクトリア女王
    (1843年)

    Winterhalter5.jpg

    アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后の肖像
    (1843年)

    Winterhalter6.jpg

    甘やかな安逸
    (1836年)

    Winterhalter7.jpg

    ベルギーのシャーロット姫
    (1836年)


    スポンサード リンク

    ダヴィッド (ジャック=ルイ・ダヴィッド/Jacques-Louis David)の代表作品・経歴・解説

    Louis-David_main.jpg

    皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式

    (1805-07年)油彩・カンバス 629x979cm ルーブル美術館/パリ

    ジャック=ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David)
    1748年8月30日生 - 1825年12月29日没
    フランス / 新古典主義
    • 古典主義を復活させた画家、ダヴィッド
    • 位置づけ:新古典主義の創始者であり、美のの基準を古代ローマに定めたアカデミーの価値観を決定づけた人物。弟子の アングルにも大きな影響を与える
    • イタリアでの影響:イタリア留学にて古典絵画の研究に没頭したことを機に彼の作風は、ロココ色の強い甘美で軽薄なも のから、新古典主義的な硬質で安定的・知的、理性的な画風へと変わっていきました
    • 人生:フランス革命勃発の激動の時代の中でルイ16世やナポレオンの庇護を受けますが、ナポレオン失脚とともにブリュ ッセルへ亡命しそこで生涯を終えます
    • 代表作品・作品解説
    • 【皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式】

      ナポレオン一世は、自身の戴冠式を不 滅のものとするため、ダヴィッドにその場面を描くよう依頼しました。硬質なタッチで細部まで非常に写実的に描かれていますが、実際の シーンを元に画家による脚色が入っていることで有名。ナポレオンは大きく細身に、ジョゼフィーヌは若返った理想的な美しさを持ってい ます。完成に3年を要した本作品はルーブル美術館に1点と、ヴェルサイユ宮殿に複製画が1点あります(複製画もダヴィッドが描いています )
    • 【ホラティウス兄弟の誓い】

      明らかに優美なロココ美術とは一線を画した本作は、ホラティウ ス三兄弟が、死を賭した勝利を誓っている場面で,兄弟が父から闘いの剣を受け取っている一方、家族の女性たちは悲しみに暮れています。 「身を賭して国のために戦う」という愛国心のある道徳的題材と硬質的な画面が絶賛され、「新古典主義」を宣言する記念碑的な作品とな りました
    • 【サン・ベルナール峠を越えるナポレオン】

      ダヴィッドは同題材の英雄的なナポレオンの姿を 描いた作品を数点描いており、愛馬にまたがって颯爽と構えている勇ましさと高貴な姿はさすが英雄!と思われてくれます。しかしこれは 画家による脚色・演出力の賜物。左下にはボナパルトの他、アルプスを越えた過去の偉人達ハンニバル、カール大帝の名前も刻まれていま す

    関連検索

  • ダヴィッドの所属カテゴリー

    Top > 新古 典主義,アカデミズム > ダヴィッド

    Top > 画家名 > ダヴィッド

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Louis-David1.jpg

    ホラティウス兄弟の誓い
    (1784年)

    Louis-David5.jpg

    サン・ベルナール峠を越えるナポレオン
    (1801年)

    Louis-David6.jpg

    レカミエ夫人
    (1800年)

    Louis-David8.jpg

    ソクラテスの死
    (1787年)

    Louis-David7.jpg

    ヴィーナスに武器を取り上げられるマルス
    (1824年)

    Louis-David9.jpg

    マダム・ピエールと息子エミール
    (1795年)

    Louis-David10.jpg

    パトロクロス
    (1780年)


    スポンサード リンク

    アングル(Ingres)の代表作品・経歴・解説

    Ingres3_20110301144729.jpg

    グランド・オダリスク

    (1814年) 油彩・カンヴァス 91×162cm ルーブル美術館/パリ

    ドミニク・アングル(Jean-Auguste-Dominique Ingres)
    1780年8月29日生 - 1867年1月14日没
    フランス / 新古典主義
    • 古典と個性を融合させた美の革命者
    • 位置づけ:新古典主義の中心的人物であり、保守的な色の強いアカデミーの権威であると同時に、絵画に新たな美の基準をもたらした革命家でもあります。
    • 理論:ルネサンスの巨匠ラファエロに心酔し、「丸みのある女性のやわらかな曲線美」こそ絵画の美であるという独自の理論を展開、そのために人体を歪めて描くこともありました。
    • 影響:「自己の美の追求」というアングルの観念は印象派やポスト印象派の画家(ルノアールセザンヌ)やマティスピカソなどにも大変な影響を与えました。
    • 代表作品・作品解説
    • 【グランド・オダリスク】

      発表当時「背中が異様に引き伸ばされている、脊椎が3つ多い」と批評家から酷評されますが、理想の美の形は正確な形ではないと持論を展開しました
    • 【泉】

      「泉」の擬人像である少女の、ゆるやかなS字のポーズはアングルが好んで描きました
    • 【ルイ13世の誓願】

      フランス国王ルイ13世が王位の象徴(杓と冠)を聖母子に差し出し国の庇護を誓願している様子が描かれています。ラファエロを思い起こさせるような聖母の顔に注目
    • 【ドーソンヴィル伯爵夫人の肖像】

      「瞑想」を意味するポーズをとる夫人。ドレスなどの細部描写に目を奪われつつも、背中の異様な丸みと、引き伸ばされた右腕の長さがアングル独特の表現です。
    • 【ルイ=フランソワ・ベルタンの肖像】

      男性肖像画を描く際は、理想化せず、その人物の人となりや性格をもシビアな目をもって描き出しました。今にも立ち上がりそうなこの男性のモデルは大物実業家で、威厳溢れる自信に満ちた表情は、観る者にただならぬ迫力を与えます
    作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Ingres1.jpg


    (1856年)

    Ingres5.jpg

    ルイ13世の誓願
    (1856年)

    Ingres7.jpg

    ドーソンヴィル伯爵夫人の肖像
    (1845年)

    Ingres6.jpg

    ルイ=フランソワ・ベルタンの肖像
    (1832年)

    Ingres9.jpg

    トルコ風呂
    (1863年)

    Ingres11.jpg

    奴隷のいるオダリスク
    (1839-40年)

    Ingres10.jpg

    ヴァルパンソンの浴女
    (1808年)

    Ingres8.jpg

    男性の半身像の習作
    (1801年)

    デッサンの名手アングルの習作品



    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。