ロートレック(アンリ・トゥルーズ=ロートレック/Toulouse-Lautrec)の代表作品・経歴・解説

lautrec2.jpg

ムーラン・ルージュにて、ダンス

(1890年) 油彩・カンヴァス 115.6×149.9cm フィラデルフィア美術館/アメリカ

アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec)
1864年11月24日生 - 1901年9月9日没
フランス / 世紀末美術
  • 人間の内面を描き続け、時代を駆け抜けた画家、ロートレック
  • 生涯:南仏の伯爵家の家に生まれたロートレックは、幼少期は活発な少年として育ちましたが、事故で足を骨折したことによって足の成長が止まります。無理のきかない体となった気晴らしとして絵を始めると、次第に熱中し本格的に勉強を始めます。そして、芸術家が多く集まる町、モンマルトルに移り住み、歓楽街に入り浸る生活を始めます。そこでは娼婦、踊り子、キャバレーに通う客などと交流を持ち彼らを絵のモチーフとして精力的に制作をしていました。1891年ダンスホール「ムーラン・ルージュ」のポスターを制作するとその独創性の高い表現が注目を浴び一躍人気画家の仲間入りを果たします。しかし、そんな時期は永らくは続かず、アルコール依存により心身は衰え、入院や療養を繰り返し36歳という若さでこの世を去りました。
    なお、日本人の間ではロートレックという名で親しまれていますが、正しくは「トゥールーズ=ロートレック」でひとつの姓。
  • 作風:踊り子や屋内の光を描いたドガに強く影響を受けると共に、特にポスター制作においては、構図の取り方や色面構成にジャポニスム(日本趣味)・浮世絵からの影響も指摘されています。モチーフは大半が人物画を占めており、ロートレック自身「人間を描かなきゃだめだ」という言葉を残しています。ロートレックの鋭い人間観察によって描かれた有名な歌手や踊り子、着飾ったお客は、歓楽街という外見の華やかさや美しさには焦点が当てられておらず、虚構の世界に潜む孤独感や、憂愁、醜態といった内面描写に光が当てられています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ムーラン・ルージュにて、ダンス】

    ムーラン・ルージュは19世紀末から第一次世界大戦にかけてパリで一斉を風靡したダンスホール。ロートレックはここで30点ほどの油彩画を描いています。市民、貴族、娼婦などのあらゆる人々が集い賑わいをみせていましたが、ロートレックの目には、虚飾の奥に潜む群集の孤独感が見えていたことでしょう。踊る女性と手前のピンクのドレスの女性以外は黒いシルエットのように描かれ、その人物達はどこか憂いを帯びた表情をしているように見えます
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
lautrec4.jpg

ディヴァン・ジャポネ
(1892-93年)

lautrec5.jpg

アンバサドゥールのブリュアン
(1892年)

lautrec6.jpg

赤毛の女性
(1889年)

lautrec7.jpg

ムーラン・ルージュに入るラ・グリージュ
(1891-92年)

lautrec8.jpg

ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ
(1891年)

lautrec9.jpg

ガブリエルの肖像
(1891年)

lautrec10.jpg

ひとり
(1896年)

lautrec11.jpg

ムーラン・ルージュにて
(1892-95年)

lautrec12.jpg

洗濯女
(1885-86年)


スポンサード リンク

シンベリ(ヒューゴ・シンベリ)(シンバーグ)(Hugo Simberg)の代表作品・経歴・解説

Simberg1.jpg

傷ついた天使

(1903年) 油彩・カンヴァス 127×154cm  アテネネウム/ヘルシンキ

ヒューゴ・シンベリ(シンバーグ)(Hugo Simberg)
1873年6月24日生 - 1917年7月12日没
フィンランド / 象徴派
  • フィンランドの国民的作家、シンベリ
  • 作風:シンベリの作品は、不気味なもの、超自然的なものをモチーフとしており、特に「死」や「悪魔」といった画題で 描かれた作品が有名です。また、「作品に説明は不要」と考えていたため、自身で作品について語らなかったり、作品にタイトル付けをし なかったりしていました。
  • 生涯:美術学校に進学するも、当時のリアリズム美術が肌に合わず退学。1895年、ルオヴェシで、アクセリ・ガッレン= カッレラの個人的な弟子となります。童話の挿絵を描いたり、タンペレ大聖堂のフレスコ画制作をしたりと活動し、今日ではフィンランド の著名な画家とされています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【傷ついた天使】

    羽から血を流した少女の天使が、2人の少年の持つ担架の乗って運ばれてい く様子が描かれています。彼の代表作であり、2006年のアテネウム美術館で行われたアンケートではフィンランドの「国家の絵」に選ばれ ています。
    メランコリックで陰鬱な画面ながらも、少女の持つ花が「再生」を意味するマツユキソウであることなどから、様々な解 釈をして鑑賞することができます。

関連検索

  • シンベリの所属カテゴリー

    Top > 象徴 主義・世紀末美術 > シンベリ

    Top > 画家名 > シンベリ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Simberg2.jpg

    死の庭園
    (1896年)


    Simberg3.jpg

    生命の庭


    Simberg4.jpg

    死が聞く
    (1897年)


    スポンサード リンク

    カリエール(Carrière)の代表作品・経歴・解説

    Carriere1.jpg

    母性

    (1895年) 油彩・カンヴァス 51.8 x 67 cm シャルルヴィル・メジエール市立美術館

    ウジェーヌ・カリエール(Eugène Carrière)
    1849年生-1906没
    フランス / 象徴主義
    • 霧の中の画家、カリエール
    • 作風:カリエールが活躍した同時代に台頭していた印象派が外の光へ目を向けたのに対して、彼は心の内へ興味を向けました。「カリエールの霧」と呼ばれている、人物の感情が滲み出てきたかのような、あるいは、人物を取り囲む思考の流れがを描いているかのような、独特の褐色の霧がかったような輪郭線が排除された画面が特徴的です。
    • 親交:彫刻家ロダンと親交が深かったといわれており、ロダンはカリエールのデスマスクをとっています。作品の上でも、二人には類似点があるとされ、例えば、荒削りしかしていないロダンの彫刻と背景の不明瞭なカリエールの人物画は、ともに未完成であるという批判を受けています。同様に、分割、結合、反復、歪曲といった彼らの手法にも類似点が認めらます。
    • 代表作品・作品解説
    • 【母性】

      独特の霧がかった室内でまるでスポットライトがあたるかのように浮かび上がる母親と子どもの姿が描かれています。カリエールは「母性」をテーマとした作品で名高く、この作品においても、母親が深い愛情をもって子どもにキスをしている様子が、慈愛に溢れた静謐な画面として描かれています。

    関連検索

  • カリエールの所属カテゴリー

    Top > 象徴主義 > カリエール

    Top > 画家名 > カリエール

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Carriere2.jpg

    自画像
    (1893年)

    Carriere3.jpg

    La Peinture

    Carriere4.jpg

    母の接吻
    (1890年)

    Carriere5.jpg

    本を読む少女達


    スポンサード リンク

    クリムト(Klimt)の代表作品・経歴・解説

    klimt4.jpg

    接吻

    (1907-08年) 油彩・カンヴァス 180×180cm 
    ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館/ウィーン

    グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)
    1862年7月14日生 - 1918年2月6日没
    オーストリア / ウィーン分離派・世紀末象徴主義
    • 世紀末ウィーンで「生命の輝き」を描き続けた画家、クリムト
    • 位置づけ:世紀末芸術の代表的画家であり、ウィーン分離派の初代会長であったクリムト。ウィーン分離派とは、保守的・古典的な芸術組合から離れて自由な表現を求めて結成された集団であり、クリムトもまた常に新しい芸術的挑戦を繰り返していきました。
    • モチーフ:クリムトが頻繁に描いたのは寓意をこめた裸婦像であり、妊婦、セックス、死など赤裸々で官能的なテーマを描いていたため、好色的、エロティックとの批判を受けます。しかし退廃的なモチーフを描きながらも、計算されつくした絢爛で装飾的な作品からは、世紀末という時代の転換期における、芸術の挑戦や、モチーフの発する生命の力強い鼓動が聞こえてくるようです。
      また、生涯を通じて、肖像画や風景画も多く手がけています。
    • 作風:「黄金様式」と呼ばれる、写実的な人物描写と金と幾何学的な模様を融合させ作り出す装飾的な画面が特徴です。これは東方ビザンティン様式のモザイクや日本・東洋の影響が見てとれます。1910年代からは「黄金様式」から離れ、金色の代わりに鮮やかな色彩が画面を覆うようになります。
    • 代表作品・作品解説
    • 【接吻】

      1908年開催された「ウィーン総合芸術展」に出展され、すぐに国家が買い上げた、画家の代表作。モデルはクリムト自身と恋人エミーリエ・フレーゲと考えられ溶け合うような黄金の中でキスする男女が描かれています。愛と恍惚に溢れる本作ですが、女性の足元は崖となっており、2人の愛の危うさも暗示しています。

    関連検索

  • クリムトの所属カテゴリー

    Top > 象徴主義 > クリムト

    Top > 画家名 > クリムト

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    klimt3.jpg

    ダナエ
    (1907/08年)

    klimt10.jpg

    パラス・アテナ
    (1898年)

    klimt2.jpg

    人生の3段階
    (1905年)

    klimt5.jpg

    音楽
    (1895年)

    klimt11.jpg

    ベートーヴェン・フリーズ
    第1面 幸福への憧れ(部分)
    (1902年)

    klimt7.jpg

    アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I
    (1907年)

    klimt8.jpg

    フリッツァ・リートラーの肖像
    (1906年)

    klimt9.jpg

    ぶなの森
    (1901-02年)

    klimt6.jpg

    ヘレネ・クリムトの肖像
    (1898年)

    klimt12.jpg

    眠る女性の上半身と手の習作

    klimt13.jpg

    2人の裸婦の習作


    スポンサード リンク

    ミュシャ(Mucha)の代表作品・経歴・解説

    Mucha1.jpg

    夢想

    (1897年) リトグラフ 72.7×55.2 cm 

    アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha)
    1860年7月24日生 - 1939年7月14日没
    チェコ /象徴主義・アールヌーヴォー
    • ベル・エポックを象徴するアールヌーヴォーの代表的画家ミュシャ
    • 作風:商用ポスターのリトグラフを多数制作したミュシャの作品は、「流れるような曲線」「女性」「植物や月や星」「装飾性」といった要素を、依頼主や場の演出により巧みに組み合わせて構成されています。
    • 考え:「芸術のための芸術をつくよりも、大衆のための絵を制作したい」と考えていたミュシャは、保守的なアカデミーの考えが蔓延するフランスで「新しい芸術」の意味を持つアール・ヌーヴォーの潮流に乗り、民衆芸術を広めていきました。一方、自らの祖国を愛する気持ちを絵画化したいという思いも根底に持ち続け、油彩作品として、スラヴ民族の歴史を描いた作品などをたびたび描いています
    • 代表作品・作品解説
    • 【夢想】

      文様化された植物、円形の中に配置された女性、流れるような美しい曲線、、、「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる、ミュシャ特有の様式で描かれた代表作。
    • 【ジスモンダ】

      クリスマス休暇に入った人の気配もまばらな印刷工場で、校正の仕事をしていた無名の新人画家ミュシャ。そこへ舞い込んだ「ジスモンダ」のポスターの依頼。人手がなかったため偶然にもミュシャが制作することとなりました。描かれているのは大女優のサラ・ベルナールで、このポスターを見たサラは、「素晴らしい!私のためだけに描いて!」と大絶賛、ミュシャの名声は一気に高まりました。

    関連検索

  • ミュシャの所属カテゴリー

    Top > 象徴主義 > ミュシャ

    Top > 画家名 > ミュシャ

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します

    Mucha2.jpg

    「煙草巻紙ジョブ」のポスター
    (1896年)

    Mucha12.jpg

    「ジスモンダ」のポスター
    (1894年)

    Mucha6.jpg

    「ヒヤシンス姫」のポスター
    (1911年)

    Mucha13.jpg

    「椿姫」のポスター
    (1896年)

    Mucha14.jpg

    黄道十二宮
    (1897年)

    Mucha4.jpg

    「モナコ・モンテカルロ/P.L.M鉄道」のポスター
    (1897年)

    Mucha5.jpg

    果物
    (1897年)

    Mucha7.jpg

    連作花4部作
    (1898年)

    Mucha8.jpg

    連作「4芸術」
    (1898年)

    Mucha11.jpg

    「モード・アダムス演じるジャンヌ・ダルク」のポスター
    (1909年)

    Mucha10.jpg

    百合の中の聖母
    (1905年)

    Mucha9.jpg

    Winter Night
    (1920年)


    スポンサード リンク