スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

小磯良平の代表作品・経歴・解説

aa_not-public2.jpg

小磯良平(Ryōhei Koiso)
1903年7月25日 ~ 1988年12月16日没
日本 / 昭和期の洋画家
  • 昭和期に活躍した、日本を代表する洋画家。
  • 生涯:1903年、神戸市のクリスチャンの家に生まれます。中学校の同級生には詩人の竹中郁がおり、生涯にわたって交友を深めていました。1922年、小磯は東京美術学校(現東京芸術大学)の西洋画科に入学し藤島武二らから学びます。同大学を主席で卒業するなど早くから才能を開花させ、フランスへ留学。西洋の巨匠たちの作品に触れ、大いに刺激をえて帰国。帰国後は清楚な人物像や群像を精力的に描くとともに、母校である東京藝術大学において後進の育成にも努め、日本の洋画界の発展に大きく寄与しました。
  • 作品の特徴:肖像画や群像等の人物像が有名。油彩や素描、版画などで作品を残しています。西洋の伝統的な技法を踏襲しつつも画家独特の気品ある作品は今なお高い人気があります。
  • 小磯良平大賞展: 「小磯良平大賞展」は、昭和を代表する文化勲章受章者の洋画家、小磯良平画伯(1903〜88)の業績を称え、平成4年(1992)に創設した全国規模の公募展です。当初は2年ごとのビエンナーレとしてスタートし、第8回展(2007)からは3年ごとのトリエンナーレ形式で開催しています。大賞賞金は1千万円と国内最高。(一部公募展HPより抜粋)(リンク:小磯良平大賞
  • 代表作品・作品解説
  • 【T嬢の像】

    現在編成中
小磯良平のポスター、リトグラフ、カレンダーなど
※クリックでショップへ移動します


スポンサーサイト
スポンサード リンク

狩野芳崖(かのうほうがい)の代表作品・経歴・解説

KanoHogai1.jpg

悲母観音

(1888年) 絹本着色 195.8×86.1cm 東京藝術大学

狩野芳崖(Kanō Hōgai)
1828年2月27日 - 1888年11月5日没
日本 / 日本画(狩野派)
  • 新生日本画の創造を試みた最後の狩野派
  • 生涯と経歴: 幕末の長府藩(現在の下関市)御用絵師の家に生まれ、幼少より画才を見せ始めた芳崖。 明治維新前は長府藩と江戸を往来して御用絵師として活躍しつつ、雪舟や雪村を学び雲谷の強い作品を描きます。 明治維新の混乱期を経て東京に移り、漆器や陶器の下絵を描いて生活を立てていました。明治15年、芳崖54歳の時、日本画を高く評価していたフェノロサと出会うと、空気遠近法や明暗対比の効果などの技法を取り入れた新しい日本画の創造を目指して邁進します。また岡倉天心と共に図画取調所(美術学校の前身)等美術学校の設立に尽力し、東京美術学校(東京芸大)の講師にも任命されていましたが開校を待たずして死去しました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【悲母観音】

    芳崖が死の4日前まで描いた絶筆であり、作家自身の最高傑作として名高い本作は、同時に日本画近代化の幕開けにおける記念碑的な、日本美術史上重要な作品とされています。生まれたての嬰児に甘露の水を灌ぐ観音様の姿が描かれており、積極的に空気遠近法といった西洋画の技法を取り込んでいることがわかります。加えて東洋美術と融合させて、調和のとれた穏やかな日本画の新境地を開きました。
  • 【仁王捉鬼図】

    フランスから取り寄せた西洋の絵の具を日本画に用いた試行作品。従来の日本画にない派手なピンクや水色と金や朱を織り交ぜて、超ど派手な作品となっています。(「もっと知りたい狩野派」より)
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
KanoHogai2.jpg

仁王捉鬼図
(1886年)


KanoHogai3.jpg

飛龍戯児図
(1885年)


KanoHogai4.jpg

谿間雄飛図
(1885年)


KanoHogai5.jpg

林和靖図

KanoHogai6.jpg

溪山幽趣

KanoHogai7.jpg

三聖図(模本)


スポンサード リンク

竹久夢二(たけひさ ゆめじ)の代表作品・経歴・解説

Takehisayumeji1.jpg

黒船屋

(1919年) 絹本着色 130×50.6cm 竹久夢二伊香保記念館

竹久夢二(Yumeji Takehisa)
1884年9月16日生 - 1934年9月1日没
日本 / 日本画・洋画・デザイン
  • 「夢二式美人」を作り出した大正浪漫を代表する画家
  • 生涯と経歴: 岡山県で生まれ17歳で上京。独学で絵を学び、1905年に平民社機関誌「直言」に「白衣の骸骨と女」 が掲載され画家として活躍を始めます。1909年に刊行された「夢二画集-春の巻」が大ヒットし、1914年には最初の妻たまきが日本橋呉服町に開いた「港屋」にて、夢二デザインの版画やカード、絵本などが売られ、こちらも繁盛したといわれています。画業後期にはドイツ・チェコ・オーストリア・フランス・スイス、台湾など旅してまわり、49歳長野県で死亡。恋多き作家としても有名です。
  • 影響と作風: 数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、「大正の浮世絵師」などと呼ばれることもあります。モダニズムが成立し、大衆文化が繁栄を始めた時代において、彼は社会主義思想やエキゾティシズ(南蛮趣味)、さらには西欧美術からはアール・ヌーヴォー、ピアズリーやロートレックらの世紀末象徴主義的な作品に影響を受けていると考えられています。木版画や日本画(軸物や屏風仕立てで遺る)をはじめとし、油彩による人物・風景画も残し、文筆の分野でも、詩、歌謡、童話も創作しています。加えて、パッケージやポスターデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分け的存在のひとりともいえるでしょう。
  • 代表作品・作品解説
  • 【黒船屋】

    夢二の最も有名な作品である本作に描かれている女性のモデルは、当時夢二が恋慕っていた彦乃といわれています。彼女は肺結核で倒れ、彦乃の父親に連れ戻されて引き離されて順天堂病院へ入院し、そのまま他界しているのですが、「黒船屋」が完成したのはちょうどこの時期といわれています。黒猫は男性の象徴(夢二自身)であり、それをしっかりと女性が抱きかかえています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Takehisayumeji2.jpg

七夕
(1926年)

Takehisayumeji3.jpg

長崎十二景・眼鏡橋
(1920年)

Takehisayumeji4.jpg

女十題・舞姫
(1921年)

Takehisayumeji5.jpg

白夜
(1922年)

Takehisayumeji6.jpg

化粧の秋
(1924年)


スポンサード リンク

上村 松園(うえむら しょうえん)の代表作品・経歴・解説

Uemura-Shoen1.jpg

序の舞

(1936年) 絹本着色 233×141.3cm 東京芸術大学芸術資料館

上村 松園(Uemura Shōen)
1875年4月23日生 - 1949年8月27日没
日本・京都 / 日本画
  • 美人画の名手。内面の美を描き続けた孤高の女性画家。
  • 位置づけ: 「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語る上村松園・本名上村津禰は、女性の目を通して「美人画」を描いた日本画の第一人者です。同じく日本画家の上村松篁は息子、上村淳之は孫にあたります。
  • 生涯と作風: 明治8年、日本が近代国家として産声をあげて間もない混迷の時代に生まれた松園。女性が芸術家になるには現在よりもずっと難しい時代に、母の支えを得て、12歳で鈴木松年のもとに絵を学び、幸野楳嶺、竹内棲鳳と師事し、諸派の研究に励み独自の作風を確立させていきました。
     描くモチーフは美人画一筋でしたが、中国の故事、日本の古い物語、能の主人公等歴史、物語をテーマとした作品や、母子像などの何気ない日常を描いた風俗画など様々な画題を手掛けています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【序の舞】

    タイトル「序の舞」とは、能の舞のクライマックスをなす部分で、序の舞、破の舞、急の舞とあるうちで、最も動きが遅く静かな舞です。振袖の鮮やかな朱色の色彩が見事ですが、女性の表面的な美しさや官能美よりも気品ある至高の精神をテーマとしており、目元から指先まで不思議な緊張感が漂います。松園自身「私の理想の女性の最高のもの」と語っています。
  • 【焔】

    能「葵の上」の六条御息所が生霊となって葵の上を呪い殺そうとする場面に取材しています。嫉妬に翻弄される女の表情、着物に描かれた大きな蜘蛛の巣が執拗な怨念を暗示しています。これまでの松園作品とは趣の異なる本作は、制作の動機について、作家自身の制作スランプと重ねています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Uemura-Shoen2.jpg


(1918年)

Uemura-Shoen3.jpg

母子
(1934年)

Uemura-Shoen4.jpg


(1913年)

Uemura-Shoen5.jpg

人生の花
(1899年)

Uemura-Shoen6.jpg

花がたみ
(1915年)

Uemura-Shoen7.jpg

春のよそをひ
(1936年)

Uemura-Shoen8.jpg

娘深雪
(1914年)


スポンサード リンク

岸田 劉生(Ryūsei Kishida)の代表作品・経歴・解説

Kishida1.jpg

麗子肖像(麗子五歳之像)

(1918年) 油彩・カンヴァス  45.3×38.0 cm 東京国立近代美術館/東京

岸田 劉生(Ryūsei Kishida)
1891年6月23日生 - 1929年12月20日没
日本 / 洋画家
  • 日本近代美術屈指の洋画家
  • 経歴:17歳で外交派の黒田清輝が主宰する白馬会洋画研究所に入門し、2年後には第4回文部省美術展覧会に風景画2点が入選するなど早熟ぶりを見せていた劉生。ゴッホセザンヌゴーギャンマティスらを積極的に紹介していた文芸美術雑誌「白樺」と出会い大きな感銘を受け、高村光太郎、萬鉄五郎、斉藤与里らとともにフュウザン会(ヒュウザン会)を結成し、西洋の新しい美術の流れを汲んだ油絵大展覧会を開催し、成功をおさめます。フュウザン会ののち、ドイツの画家デューラーや、ファン=エイクなどの影響をうけ、厳格で冷徹なまでの写実的な画風へと変化していきました。
  • 作風・モチーフ:生涯を通じて肖像画の制作に取り組んだ劉生は、友人の肖像画を短時間に次々と仕上げていったため、「岸田の首狩り」と恐れられることもありました。しかし、職業モデルや友人では気難しい劉生の厳しい要請に応えられなかったため、次第に自画像や家族、特に娘の肖像を描くことが大半となりました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【麗子肖像(麗子五歳之像)】

    劉生がデューラーに心酔していた時期に描かれた、はじめて本格的に愛娘の麗子を描いた作品。現実味のある肉付けと強いまなざし、精神性を表すかのような明暗対比、そしてデューラー独特の手に象徴的なものを持たせた肖像画のスタイルが、しっかりとこの作品に受け継がれていることがわかります。(参考:デューラー「自画像」
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Kishida2.jpg

麗子微笑(青果持テル)
(1921年)


Kishida3.jpg

道路と土手と塀(切通之写生)
(1915年)


Kishida4.jpg

麗子坐像
(1919年)


Kishida6.jpg

静物(湯呑と茶碗と林檎三つ)
(1917年)


Kishida5.jpg

童女図(麗子立像)
(1923年)


スポンサード リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。