スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク

シスレー(アルフレッド・シスレー,Alfred Sisley)の代表作品・経歴・解説

Sisley1.jpg

ポール・マルリーの洪水

(1876年) 油彩・カンヴァス 60×81cm オルセー美術館/パリ

アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)
1839年10月30日生 - 1899年1月29日没
フランス / 印象派
  • スタイルを貫き通した、「最も典型的な印象派画家」シスレー
  • 風景画+印象主義:シスレーは59年の生涯で800点ほどの油彩画を残していますが、静物画と風景画20点弱を除き、風景画ばかりを描きました。初期はターナーやコンスタブルらのイギリス風景画に影響を受けていましたが、パリでモネやルノワールと出会い、印象派の画家達とフォンテーヌブローの森で戸外制作を始めます。印象派展には全4回出品をしますが、当時の評価は低く、貧困のうちに生涯を終えています。印象主義の時代は、その技法や表現方法がめまぐるしく変化していきましたが、シスレーは一貫して印象派画法を描き続けたため、今日では、「もっとも典型的な印象画家」として、広く名を広めています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ポール・マルリーの洪水】

    一見すると美しい河を描いたようにも思える本作は、セーヌ川の氾濫の情景が描かれています。アトリエを出て戸外で自然を前に制作するようになった印象派の画家達は、明るい自然の光がもたらす効果に注目し、光が色とりどりに美しく反射する水辺の風景を多数描くようになります。シスレーもまた、本作において見渡す限りの水面に映りこむ、灰色の空やレンガ色の建物の姿を、階調していく豊かな色面の塊として軽やかに描いています。ポール・マルリーの洪水の様子は全部で7点ほど描いています。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Sisley2.jpg

ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋
(1872年)

Sisley3.jpg

洪水と小舟
(1876年)

Sisley4.jpg

ルヴシエンヌの雪
(1874年)

Sisley5.jpg

モレの教会堂
(1894年)

Sisley6.jpg

モレ・シュル・ロワン
(1839年)

Sisley7.jpg

春の太陽、ロワン川
(1892年)

Sisley8.jpg

モレジーのレガッタ(競艇)
(1874年)


スポンサーサイト
スポンサード リンク

ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)の代表作品・経歴・解説

Morisot1.jpg

ゆりかご

(1872年) 油彩・カンヴァス 56×46cm オルセー美術館/パリ

ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)
1841年1月14日生 - 1895年3月2日没
フランス / 印象派
  • 女性画家の道を切り開いた不屈の画家、モリゾ
  • おいたち:裕福な家庭に生まれたモリゾは、両親の勧めで絵を始めるとみるみる才能を開花。ルーブル美術館で過去の巨匠達の作品を模写するまで上達していき、画家コローを紹介されます。始めはコローの影響を強く受けた風景画を制作し始めます。次にマネの弟子となり、人物画を始めるとともに、彼の作品のモデルをつとめました。当時無名であったルノワール、ドガ、モネらによる「第1回印象派展」に33歳で参加し、以降7回出品を重ね(師のマネは不出品)、名声を高めました。私生活ではマネの弟ウジェーヌ・マネと結婚しています。
  • 女性画家:19世紀フランスでは、女性は才能があっても公的な美術学校で絵を学ぶことを許されておらず、学校で古典的技法をはじめ、画家として必要なヌードデッサンも認められていませんでした。女性が画家になることは極めて困難な時代にあっても、不屈の精神力と、周囲の(特に夫の)理解のある恵まれた環境にいた彼女は、男性画家とは違う、家族や家庭といった独自のテーマを見出し、印象主義グループ初めての女流画家でもあり、印象派の中心にいた人物になりえました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【ゆりかご】

    モリゾの姉とその娘をモデルとして描かれた本作は、第1回印象派展出品されました。女性らしい感受性によって描かれた、母子を包み込む暖かい柔らかく繊細な光の描写、ヴェールの白色と女性の服の黒のコントラストが鮮やかな作品です。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Morisot2.jpg

ロリアンの港
(1869年)

Morisot3.jpg

読書
(1873年)

Morisot4.jpg

食道にて
(1886年)

Morisot5.jpg

ワイト島のウジェーヌ・マネ
(1875年)

Morisot6.jpg

バルコニーにて
(1872年)

Morisot7.jpg

浴室にて
(1885-1886年)

Morisot8.jpg

立葵
(1884年)


スポンサード リンク

ピサロ(カミーユ・ピサロ,Camille Pissarro)の代表作品・経歴・解説

Pissarro1.jpg

エラニーの干草収穫

(1901年) 油彩・カンヴァス 53.9 x 64.7cm カナダ国立美術館

ジャコブ・カミーユ・ピサロ(Jacob Camille Pissarro)
1830年7月10日生 - 1903年11月13日没
フランス / 新印象派
  • 自然と人に愛された、印象派の長老
  • 位置づけ:勤勉で温厚なピサロ。全部で8回開催された印象派展に欠かさず出品した唯一の画家であり、個性あふれる印象派の画家たちのまとめ役でもありました。次世代の画家達にも慕われ、自身も常に芸術の新しい動向に強い関心を持っていました。
  • 印象主義の追求:25歳で画家を目指してフランスに渡ると、パリで開催されていた万国博覧会のコローやクールベらのレアリスム絵画に感銘を受けます。その後モネやセザンヌと出会い第1回印象派展に出品。第8回まで開催される同展に毎回出品していきます。その中でピサロはスーラ、シニャックの影響で、点描による新印象主義の作品を試みています。晩年は理論的に描く点描法に限界を感じ、自由な筆使いによる農村の生活なども描くようになりました。ゴーギャンを発掘し、気難しいセザンヌのよき理解者でもあったピサロ。自らのスタイルにこだわらず、柔軟に印象派の形を模索し続けた彼は、印象派の中心的存在であり真の印象派ともいえるでしょう。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Pissarro2.jpg

オペラ座通り テアトル・フランセ広場
(1898年)

Pissarro3.jpg

エルミタージュの丘、ポントワース
(1867年)

Pissarro4.jpg

ポントワーズ近郊、エルミタージュのコート・デ・パブ
(1877年)

Pissarro5.jpg

エラニー、干草の収穫
(1887年)

 Pissarro5-1.jpg
Pissarro6.jpg

ルーアン、ボワエルデュー橋、雨
(1896年)

Pissarro7.jpg

マルリーの森
(1871年)


スポンサード リンク

セザンヌ(ポール・セザンヌ/Paul Cézanne)の代表作品・経歴・解説

りんごとオレンジ

(1899年) 油彩・カンヴァス 74×93cm オルセー美術館/パリ

ポール・セザンヌ(Paul Cezanne)
1839年1月19日生 - 1906年10月22日没
フランス/ポスト印象派
  • 「近代絵画の父」セザンヌ
  • 位置づけ:近代絵画の父と称されるセザンヌ。彼の影響力は絶大で、それはゴッホゴーギャンに与えた影響から始まり、ナビ派のドニは「セザンヌ礼賛」を描き、マティスはセザンヌの作品「3人の浴女たち」を購入しています。キュビスムのピカソ、ブラックは彼の理論を推し進め、エコール・ド・パリのモディリアーニの絵の具の塗り方も、セザンヌの作品に近いものを感じることが出来ます。それは、絵画が物語や象徴を伝えるもの、また自然の模倣として捉えられてきた時代において、構図やタッチや色彩などの絵画を構成する方法や要素に着目し、ただひたすらに真摯に追求していったひとりの画家の偉業ともいえます。
  • 理論:「自然を円筒と球と円錐によって扱いなさい、赤と黄の中に空気の振動を感じさせる青を入れる必要ふがある」という画家の言葉は非常に有名で、後世まで語り継がれていきます。また、これまでの絵画の約束事である1点透視法を超えて、複数の異なった視点から眺められたモチーフを同一画面に描く、という考えはキュビスムといいう追随者を生みました。彼の作品のモチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされ、画面上で緻密に再構成されることで、堅固で安定的な再構築物として存在しており、それは鑑賞者の知性や感性を刺激すると同時に「絵画」という美しさを持っているのです。
  • 性格:みずからを「頑固爺」と呼んでいたセザンヌ。始めは印象派の画家モネルノワールとも親交を持ちますが、セザンヌ自身が気難しい性格だったため次第に距離を置くようになります。カミーユ・ピサロには唯一心を開いていました。妻と子どもがおり、子どもについては溺愛していましたが、妻への愛は希薄だったともいわれています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【りんごとオレンジ】

    1870年以降数多く手がけた果物がモチーフの静物画の中でも最も有名な作品のひとつ。クッションつきの長椅子に垂れ幕をかけその上にナプキンを敷き林檎とオレンジを描いています。複数の視点から描かれ、物が今にも転がり落ちてきそうな感じでもありますが、不安定さは感じられません。ナプキンの作り出す空間と、その白色の上で響きあう果物の赤と黄色のコントラストによって非常に躍動感溢れる画面となっています。

関連検索

  • セザンヌの所属カテゴリー

    Top > 印象派,ポスト印象派周辺 > セザンヌ

    Top > 画家名 > セザンヌ

  • 連想検索

    セザンヌから影響を受けた画家 >ピカソ >ゴッホ >ゴーギャン >マティス

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    cazanne10.jpg

    サント・ヴィクトワール山
    (1904年)

    赤いチョッキを着た少年
    (1894-95年)

    cazanne3.jpg

    キューピッド像のある静物
    (1895年)

    cazanne4.jpg

    大水浴図
    (1906年)

    cazanne5.jpg

    カード遊びをする人々
    (1892-95年)

    cazanne6.jpg

    赤い肘かけ椅子のセザンヌ夫人
    (1887年頃)

    cazanne7.jpg

    ジャ・ド・ブーファンのマロニエの並木
    (1885-87年)

    cazanne8.jpg

    アヌシー湖
    (1896年)

    cazanne9.jpg

    オヴェール・シュル・オワーズの首吊りの家
    (1873年)

    cazanne11.jpg

    浴女たち
    (1874-75年)


    スポンサード リンク

    ゴーギャン(ポール・ゴーギャン(ゴーガン)/Eugène Henri Paul Gauguin)の代表作品・経歴・解説

    『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか

    (1897-98年) 油彩・カンヴァス 131.9×374.6cm ボストン美術館美術館/アメリカ

    ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(ゴギャン)(Eugène Henri Paul Gauguin)
    1848年6月7日生 - 1903年5月8日没
    フランス / ポスト印象派
    • 色と線で表す、楽園の地への思い
    • 作風:ポスト印象派の巨匠ゴーギャン。彼はピサロやセザンヌの影響で印象派運動に参加しますが、「あまり自然に即し て描いてはならない、芸術はひとつの抽象だ」という理論のものと、印象派を脱し、若い画家仲間とともに総合主義(区分主義)を確立し ます。純粋な色彩、形態の単純化、、太い輪郭線を使って描くという特徴を持つ「クロワゾニスム」の手法を使って、平らな面として絵画 を構成させていきました。この手法は浮世絵からも強く影響を受けているといわれています。
    • 生涯:ゴーギャンが絵を本格的に始めたのは35歳の時。それまでは船員や株式仲買人等で生計を立て、結婚もし子どもに も恵まれた順風満帆な人生を送っていました。しかし、仕事で失敗し失業。その時、趣味として始めていた絵の世界にのめりこんでいたた め、これを機に画家の道へと転身を決意します。もちろん、彼の絵はすぐに売れるはずもなく、たちまち貧困に陥ると妻子は故郷に戻り、 彼もまた各地への放浪を始めます。ブルターニュ地方のポン=タヴェンでは、ゴーギャンを師と慕うベルナールやポール・セリュジェらと 親交を結んだり(後にポン=タヴェン派やナビ派となる)、南仏アルルでゴッホとの共同生活を送ったりしています。放浪の果て、安住の地と決めたのは、南国タヒチでした。
    • 代表作品・作品解説
    • 【われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか】

      心身衰弱して いたゴーギャンが遺書代わりに制作した作品。これを描いてすぐ砒素を使っての自殺を図りますが未遂となりました。ゴーギャン芸術の頂 点であり高い評価がありますが、題名の意味や絵の内容について謎が多い作品です。絵画の右から左へと描かれている3つの人物群像がこの 作品の題名を表しているともいわれていますが、画家の口からこの作品についての解釈はほとんどなされていません。ただし、ゴーギャン 自身は本作に対して「これは今まで私が描いてきた絵画を凌ぐものではないかもしれない。だが私にはこれ以上の作品は描くことはできず 、好きな作品と言ってもいい。私は死を前にして全精力と情熱を込めて描いた」と述べています。

    関連検索

  • ゴーギャンの所属カテゴリー

    Top > 印象 派,ポスト印象派周辺 > ゴーギャン

    Top > 画家名 > ゴーギャン

  • 作品 Pick Up
    ※画像はクリックで拡大します
    Gauguin3.jpg

    レ・ミゼラブルの自画像
    (1888年)

    Gauguin2.jpg

    黄色いキリスト
    (1889年)

    Gauguin4.jpg

    タヒチの女(パウラ・アピ)
    (1891年)

    Gauguin7.jpg

    林檎と洋ナシと陶器の水差しのある静物
    (1889年)

    Gauguin5.jpg

    ひまわりを描くファン・ゴッホ
    (1888年)

    Gauguin6.jpg

    説教のあとの幻影
    (ヤコブと天使の争い)
    (1888年)

    Gauguin8.jpg

    マンゴーを持つ女性
    (1892年)

    Gauguin9.jpg

    裸婦習作
    (編み物をするシュザンヌ)
    (1880年)


    スポンサード リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。