サージェント(ジョン・シンガー・サージェント/ Sargent)の代表作品・経歴・解説

Sargent1.jpg

マダムX(ゴートロー夫人)

(1884年) 油彩・カンヴァス 234.95 × 109.86cm メトロポリタン美術館/アメリカ

ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent)
1856年1月12日生 - 1925年4月14日没
アメリカ / リアリズム(後期は印象派的)
  • 最後の肖像画家、サージェント
  • 位置づけ:「最後の肖像画家」といわれているサージェント。印象派やフォービスム、キュビスムが台頭した美術革命の中で、伝統的な古典技法によって多数の肖像画を描いています。顕著な技術力を持ちアラプリマ技法による軽やかな筆使いが得意であった彼は、「絵が軽薄すぎる、精神性がない」と批判も受けますが、今日では「国際的に活躍した肖像画家」のひとりとして輝かしく歴史に刻み込まれています。およそ900点の油彩画と2000点の水彩画、そして膨大な数のスケッチやドローイングを残しています。
  • 生涯:イタリアのフィレンツェで生まれ、18歳の時にパリのカルロス・デュランに師事します。彼はベラスケスヴァン・ダイクら伝統的な技法を重んじており、その影響をサージェント自身も強く受けました。高い技術力で優美な肖像画を描く画風は好評を博し、早くから人気画家の仲間入りを果たします。パリのサロンで発表した「マダムX」が大スキャンダルを起こし、住まいをロンドンに移す、というドタバタもありましたが、着実に肖像画家の地位を築き、また、肖像画とは別に伝統的な技法の中に独自のリアリズムの追求していきます。アメリカで壁画の制作を行い祖国に貢献すると共に、晩年は肖像画の制作を断り、印象派風の素晴らしい水彩風景画を残しています。
  • 代表作品・作品解説
  • 【マダムX(ゴートロー夫人)】

    マダムXことゴートロー夫人は、当時の社交界の花と讃えられていた美しい女性。V字カットの露出度の高い衣装である上に、発表当初は片方のストラップが肩から落ちているように描いたため、「人妻を描いているのに官能的過ぎる!」として大スキャンダルとなります。ストラップを肩の位置に描きなおすも、モデルに受け取りを拒否され、晩年まで画家の手元にありました。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Sargent2.jpg

カーネーション、リリー、リリー、ローズ
(1885-86年)

Sargent3.jpg

エドワード・D・ボイトの娘たち
(1882年)

Sargent4.jpg

レディー・アグニュー
(1892年)

Sargent5.jpg

エル・ハレオ
(1882年)

Sargent6.jpg

森の側で絵を描くモネ
(1885年)

Sargent7.jpg

ヘンリーホワイト夫人
(1883年)

Sargent8.jpg

カルロス・デュランの肖像
(1879年)

Sargent9.jpg

ゴンドラの船頭の昼寝
(1904年)

Sargent11.jpg

泥まみれのアリゲーター
(1917年)

Sargent10.jpg

エセル・スマイスの肖像
ドローイング
(1901年)


スポンサード リンク

ドーミエ(Daumier)の代表作品・経歴・解説

Daumier_main.jpg

三等客室(三等列車)

(1860-63年)油彩・画布 65×90cm メトロポリタン美術館/ニューヨーク

オノレ・ドーミエ(Honore-Victorin Daumier)
1808年2月26日生 - 1879年2月10日没
フランス / 写実主義(+ロマン主義)
  • 現実を辛辣に見つめ続けた画家、ドーミエ
  • 作風:都市で暮らす人々の暮らしを描き出す写実主義であると同時に、その画風や題材はロマン主義をも思わせます。
  • 経歴:マルセイユにガラス職人の子として生まれたドーミエは、私塾などに通いながら古典技法を学び、後にベリアールという職人から、その当時発明されたばかりだった最新技術である石版画の技法を学びます。フランスのジャーナリズム勃興期にあり風刺画家として王政や政治を批判した作品を描き一世を風靡しますが、1832年には、フィリップ王を風刺した石版画で当局から罰金と6ヶ月の入獄の刑を受けます。晩年は眼病が悪化し失明し、コローが与えた住居に住み、静かに生涯を終えました
  • 与えた影響:多作であった彼は、生涯に500以上のタブロー、4000のリトグラフ、1000の木彫、1000のドローイングを残しました。生前は風刺画家として名を上げましたが、鋭い観察眼によって描かれた油彩画は彼が亡くなってから高く評価され始め、後の印象派にも多大な影響を及ぼしています
  • 代表作品・作品解説
  • 【三等客室(三等列車)】

    ロマン主義のような感情的表現でもなくクールベのような写実絵画でもない、自由な筆運び・表現技法によって描いていた、ドーミエの油彩画の代表作。都市に暮らす人々の孤独感や閉塞感、さらに内に溢れる逞しさが伝わってきます
  • 【洗濯女】

    洗濯業は、力を込めて汚れを落としたり大量の服を一気に担がなければならない貧しい者達の行う重労働でした。ドーミエは都市の片隅で貧しいながらも逞しく生活している人々を愛情深い目線で捉えるています。白い背景の中で浮かび上がるように描かれた人物は、輪郭をぼかすことによって空間と調和させ静謐な時間を見事に絵画化しており、彫刻家ロダンは「ドーミエは素晴らしき彫刻家」と評し、ドラクロアも賛辞の言葉を残しています
  • 【ドン・キホーテ】

    ≪騎士道物語を読み過ぎて妄想に陥った主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける≫という同タイトルの小説を描いた作品です。理想や野望を持つも空回りするドン・キホーテに、ドーミエ自身の姿を重ねて描いたものと考えられています
  • 【被告人、さあ権利があるのだから発言しなさい】

    (英題「The accused has the floor!」)は、手足と口を押さえつけられ、彼の主張と思われる紙が床に散らばり、その後ろでは事の顛末を暗示するかのように斬首されそうな人物の姿も。自由を認めるという政策とは裏腹の実際の弾圧の様子を描いています。
  • 【今年もまたヴィーナス、来年もヴィーナス、、、】

    新古典主義含む、規範的保守的絵画への痛烈な批判の版画。
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Daumier2.jpg

洗濯女
(1863年)

Daumier3.jpg

ドン・キホーテ
(1868年)

Daumier4.jpg

ドン・キホーテとサンチョ・パンサ
(1868年)

Daumier6.jpg

被告人、さあ権利があるのだから発言しなさい
(1835年)

<
Daumier7.jpg

We are all honest people, let's embrace one another, and let this be over with
(1834年)

Daumier8.jpg

今年もまたヴィーナス、来年もヴィーナス、、、
(1834年)

Daumier9.jpg

3人の弁護士の会話
(1843-48年)

Daumier10.jpg

クリスパンとスカパン
(1858-1860年)

Daumier11.jpg

絵画収集家
(1857-1860年)

Daumier12.jpg

マグダラのマリア


スポンサード リンク

クールベ(ギュスターヴ・クールベ/Courbet)の代表作品・経歴・解説

Courbet_main.jpg

オルナンの埋葬

(1849年)油彩・画布 314×663cm ルーブル美術館/パリ

ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)
1819年6月10日生 - 1877年12月31日没
フランス / 写実主義
  • 絵画から「理想」を排除した画家、クールベ
  • 理論:同時代に活躍していた「ロマン主義」「新古典主義」を理想化・空想化していると否定し、絵画はもっと現実(リアル)を描くものと主張したクールベは、目に見えたものの本質を捉え美化せずにキャンバスに再現しようとしました。すなわち、当時サロンで最も権威の高かった古典絵画の模倣的な歴史画ではなく、低俗と見なされていた画題である庶民や労働者の姿、日常的な光景を描くべきという主張です。新しいレアリスムを追及した彼は、「天才」と讃えられる一方、「社会主義的」「野蛮人」ともされますが、今日では19世紀絵画界の重要な革新者として位置づけられています。
  • 写実主事の誕生:博覧会で大作が落選した際には会場近くに小屋を立て、そこで落選した作品を展示しました。これが世界初の個展といわれています。この個展の目録に記されたクールベの文章には「私は一人の人間として、自分は生きた芸術をつくりたいのだ」等と書かれ、これが後に「レアリスム宣言」と呼ばれ写実主義の幕開けを知らせるものとなりました。
  • 代表作品・作品解説
  • 【オルナンの埋葬】

    フランスの小さな村の埋葬の光景をまるで歴史画のように大きな画面の中に描いた斬新な作品として物議を呼んだ作品。芝居がかっていない現実的な葬儀の悲しみを描いている本作は発表当初非難の的でしたが、大げさで幻想的なロマン主義的絵画から離れ始めていた人々に受け入れられました。クールベ自身、「オルナンの埋葬はロマン主義の埋葬であった」と言葉を残しています。
  • 【画家のアトリエ】

    この作品はタイトルに「私のアトリエの内部、わが7年間の芸術的な生涯を要約する現実的寓意画」という言葉が続いているため自画像でもあり、集団肖像画でもあり、芸術の寓意画でもああるようです。全員が何らかの寓意をもって描かれており、画面右半分は友人含め彼ののレアリスム絵画を理解し支持する人々のグループで、画面左半分はクールベの芸術を理解しないグループと考えられています
  • 【石割り人夫】

    ボロボロになった服を着て黙々と作業に励む人物達、その顔は影に沈ませたり後ろを向かせることで鑑賞者にはっきりとわからないようになっています。光の演出や美化をしないで、社会の底辺の人物達をありのままに描いた本作は、画家の政治思想を訴えかける作品でもあり、「最初の社会主義的絵画」としても話題を集めましたが、第二次大戦中ドレスデン爆撃で焼失してしまいました
  • 【出会い(こんにちは、クールベさん)】

    画面右がクールベ、画面左にパトロンとその使用人が描かれています。クールベの媚びることのない(むしろふんぞり返っている)様子が印象的です。自己顕示欲の強かった画家は数多く自画像を残していますので、本作もそういった意味を持つ作品と考えられます。人物が落としている影は、クールベだけはっきり描かれ、他を木陰の中で曖昧にしているのも画家の自負心の暗示なのでしょう
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
allegory3.jpg

画家のアトリエ
(1854-55年)

Courbet3.jpg

石割り人夫
(1849年)

Courbet4.jpg

出会い(こんにちは、クールベさん)
(1854年)

Courbet8.jpg

女とオウム
(1866年)

Courbet5.jpg

眠り
(1866年)

Courbet6.jpg

パイプをくわえた自画像
(1845-50年)

Courbet7.jpg

自画像(絶望の男)
(1843-45年)

Courbet12.jpg

水浴
(1853年)

Courbet10.jpg

シャンボール城
(1874年)

Courbet11.jpg

村の若い娘たち


スポンサード リンク

ミレー(ジャン=フランソワ・ミレー,Millet)の代表作品・経歴・解説

Top > 写実主義・自然主義 > ミレー
Top > 画家名 > ミレー
F_Millet_main.jpg

落穂拾い

(1857年)油彩・カンヴァス 83.5×111cm オルセー美術館/パリ

ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-François Millet)
1814年10月4日生 - 1875年1月20日没
フランス / 自然主義(バルビゾン派)
  • 働く人たちの尊厳を描き出した「農民画家」 ミレー
  • モチーフ:美しい女神、聖母、上流階級の人物、静物、、、など様々な画家が様々なモチーフを使って制作していた中で、ミレーが選んだ作品の主役は、労働者とバルビゾンの雄大な自然です。
  • 日本におけるミレー:大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、農業国日本では特に親しまれ、学校や教科書で作品を観たことがある方も多いと思います
  • 活動:始めは生活のためにロココ調の作品を描いていましたが、1840年代後半から労働者を描くようになりました
  • 【落穂拾い】

    背景には穀物がうず高く積まれ、馬に乗った地主と、刈り入れのために雇われた使用人が描かれています。手前の3人の農婦は、刈り入れが終わった後の畑に残った麦の穂を、地主の許可を得て拾い集めるもっとも貧しい農民達です。(地主は落穂を拾う農夫達のためにわざと麦穂をこぼすルールがありました。)両者は対比するように描かれていますが、農婦3人を手前に大きく配置することで貧しくとも逞しい労働者へ、最大の尊厳を与えていることがわかります
  • 【晩鐘】

    ミレー自身の経験に基づいて制作された「晩鐘」は、夕方の鐘の音を合図に畑仕事の手を休めて死者に祈りを捧げる様子を描いたものです。逆光の中で人物2人のシルエットを浮かび上がらせる手法はミレーがこの後好んで用いた構図です
  • 【羊飼いの少女】

    生々しい肉体労働の描写がないかわりに牧歌的な美しさを湛えているとしてサロンで1等賞をとり批評家からも絶賛されました。憂愁を帯びる夕焼けの光が、1日の労働を労っているかのように少女と大地をやさしく包み込んでいます
  • 【種をまく人】

    聖書の中の記述で、キリストが自分を「麦(信仰)の種」、神を信仰という「種」を蒔く人に喩えた話があり、敬虔なカトリック教徒だったミレーが種を蒔いている農夫を見てその話とリンクさせたものといわれています。すなわち、神がその希望を持ってキリストという種を蒔いたように、農夫もまた実りへの希望の種を蒔いているのです
    ほぼ同じ構図のもう1枚の作品があります(山梨県立美術館蔵)
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します

F_Millet2.jpg

晩鐘
(1857-59年)


F_Millet3.jpg

羊飼いの少女
(1863年)


F_Millet4.jpg

種をまく人
(1850年)



スポンサード リンク

コロー(Corot)の代表作品・経歴・解説

Corot_main.jpg

モルトフォンテーヌの思い出

(1864年)油彩・カンヴァス 65×89cm ルーブル美術館/パリ

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)
1796年7月17日生 - 1875年2月22日没
フランス / 自然主義(バルビゾン派)
  • 「自然」を愛した追憶の画家、カミーユ・コロー
  • 位置づけ:風景画の名手として、後の印象派に大きな影響を与えたコロー(印象派に分類されることもあります)は、「目の前のものを注意深く観察して写し取る」という師の言葉を発展させ、「自然」の持つ溢れる光と色彩、豊かな詩情性を見出しました
  • コロー色:銀灰色といわれる独特の靄がかかったような抑圧された色調によって描かれる風景は、「コロー色」と呼ばれ、ファッション界でも流行色になったとか
  • 風景画の他:「空想的人物画」と呼ばれる特定のモデルや注文主を描かない、当時としては革新的な人物画も描いています
  • 性格:生涯独身だったが、根っからのお人好しで同時代の画家らから慕われていました
  • 代表作品・作品解説
  • 【モルトフォンテーヌの思い出】

    コロー独特の柔らかなタッチと、靄のかかったような抑えられた銀灰色によって描かれた、幻想的で詩情性豊かな作品は「叙情的風景画」と呼ばれました。「思い出」とタイトル付けされた作品は、コローが各地を旅して回った際のスケッチや記憶をアトリエで再構築し描いたシリーズです。その際には風景を正確に思い出すことよりも自身の思い出に訴えかけてくる叙情性とその印象を描くことに終始しました
  • 【ナルニの橋】

    サロンに初入選した同題名の「ナルニの橋」のための習作品である本作は、イタリア旅行で写生した風景が大胆な筆遣いでスケッチされています。サロン用の「型にはまった形式美」を意識して描いた作品よりも、生き生きとした印象が伝わってきます
  • 【真珠の女】

    風景画の名手コローの描く人物画は、独特な夢想性に満ちており「空想的人物画」と呼ばれます。本作はルネサンス期の巨匠ダ・ヴィンチのモナリザと構図を同じくすることで「コローのモナリザ」とも呼ばれていますが、顔はラファエロのような女性らしい美しさも溢れています
  • 【青い服の婦人】

    特定のモデルを描かない「空想的人物画」は当時どのジャンルにも属さず極めて革新的なジャンルの絵画で、それは続く印象派のマネの描く近代絵画と同等視される場合もあります。調和のとれた色調・自然なポーズ・深い詩情性など「これこそがコローの描く人物画の頂点」と批評家達から大絶賛されました。
  • 【朝、ニンフの踊り】

    うっすらと靄のかかったような緑は明朝の湿度を伝えつつ、ニンフ(妖精)と見事に調和しています。まるで夢を見ているかのような幻想的な絵画でもあり、生き生きとした雄大な自然の姿を純粋に捉えた風景画でもあります
作品 Pick Up
※画像はクリックで拡大します
Corot5.jpg

ナルニの橋
(1825年)

Corot3.jpg

真珠の女
(1868-70年)

Corot6.jpg

青い服の婦人
(1874年)

Corot7.jpg

朝、ニンフの踊り
(1850年)

Corot8.jpg

マントの古い橋
(1868-70年)

Corot9.jpg

サン・ニコラ・レ・ザラスの風車
(1874年)

Corot11.jpg

ヴィル・ダヴレー
(1867年)

Corot12.jpg

ヴェニス、小さな広場
(1835年)

Corot13.jpg

マンドリンを持つ、帽子を被った女性
(1850-55年)


スポンサード リンク